テーマ:映画

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の感想

原作・監修:堀井雄二 脚本・総監督:山崎貴 2019年8月2日公開 以前、”『ドラゴンクエストV~天空の花嫁~(SFC版)』を 語ってみる”でも触れていますが、 現時点の”11”まで続くドラクエシリーズの中で ”Ⅴ”を超えるストーリーにはめぐり会えていなくて、 何が良かったといえば、やっぱりゲームの世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『未来のミライ』の感想

原作:細田守 脚本:細田守 監督:細田守 作画監督:青山浩行 秦綾子 2018年7月20日公開 -感想- 「おジャ魔女どれみ」のところでも触れましたが そもそも最近になって 細田守監督作品を観てみようと思った きっかけが本作だったりするので、 随分と時間が空いてしまいましたが ようやく鑑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『バケモノの子』の感想

原作:細田守 脚本:細田守 監督:細田守 作画監督:山下高明 西田達三 2015年7月11日公開 -感想- テーマ性の強かった前作 『おおかみこどもの雨と雪』 からの反動なのか、 本作はどちらかというと娯楽性に 振った作りとなっていて作風としては 『サマーウォーズ』 辺りに近いように思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『おおかみこどもの雨と雪』の感想

原作:細田守 監督:細田守 脚本:奥寺佐渡子 細田守  作画監督:山下高明 2012年7月21日公開 -グッと来たセリフ- 「~わかってた、ずっと」 「!」 「雪の秘密、誰にも言ってない、誰にも言わない。 だから……もう泣くな」 「は…ははっ…泣いてないよ、しずくだもん」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『サマーウォーズ』の感想

原作:細田守 監督:細田守 脚本:奥寺佐渡子 作画監督:青山浩行 藤田しげる 濱田邦彦 尾崎和孝 2009年8月1日公開 -感想- 前回の『時をかける少女』から ちょっと時間が経ってしまいましたが、 まぁ、なんやかんや忙しかったり、 観ようと思ったらパッケージ版をインストールしておいた Cor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『時をかける少女(細田守監督)』の感想

原作:筒井康隆 脚本:奥寺佐渡子 作画監督:青山浩行 久保田誓 石浜真史 監督:細田守 2006年7月15日公開 -グッと来たセリフ- 「~最低だ私……。 人が大事なこと話しているのに、 それを無かったことにしちゃったの……。 何でちゃんと聞いてあげなかったのかな……。 (紺野真琴)」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『泪壺』の感想

原作:渡辺淳一 脚本:佐藤有記 監督:瀬々敬久 2008年3月1日公開 -感想- かつてテレビ東京深夜で放送していた 伊集院光さんの『GAME WAVE』や 『世界の北野、足立区のたけし』 『足立区のたけし、世界の北野』に出演していた 小島可奈子さんが主演の映画ということで、 写真集も購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『HOUSE ハウス(大林宣彦監督)』の感想

脚本:桂千穂 監督:大林宣彦 1977年7月30日公開 -感想- 本作は記念すべき大林信彦監督の 商業映画第一作だったりするのですが、 なんというか、色々と特殊な 作品のような気がしないでも 無いような気が…。 初めて観たのは、十年以上前に土曜日か 日曜日に確か日テレで放映された 時だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『20世紀少年(三部作)』の感想

原作:浦沢直樹 脚本:長崎尚志 浦沢直樹 福田靖 渡辺雄介 監督:堤幸彦 第一章 終わりの始まり 2008年8月30日公開 第二章 最後の希望   2009年1月31日公開 最終章 ぼくらの旗   2009年8月29日公開 -グッと来たセリフ- 「~もう子供の遊びは終わりだ。 ――――ごめんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『銀魂(実写版)』の感想(ちょっとだけ)

原作:空知英秋 脚本:福田雄一 監督:福田雄一 2017年7月14日公開 -グッと来たセリフ- 「~そうだぞ、神楽。 原作のファンは超辛口のレビューとか 書いたりするけど、そうじゃないお客さんはとっっっっ、 ても甘やかしてくれるからな。(坂田銀時)」 -感想-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『市民ケーン』の感想(ちょっとだけ)

脚本:ハーマン・J・マンキーウィッツ オーソン・ウェルズ     監督:オーソン・ウェルズ 1966年6月14日日本公開 -感想- 前回の『素晴らしき哉、人生!』と同様に、 こちらもかつてのテレビ東京深夜に放送された 『要博士の異常な映画愛~勝手にセリフ変えてみました~』 という番組で取り上げられて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『素晴らしき哉、人生!(原題:It's a Wonderful Life)』の感想

脚本:フランク・キャプラ 監督:フランク・キャプラ 1954年2月6日日本公開 -感想- うだるような暑さの中、クリスマス・イヴの出来事が メインとなる物語という季節外れの映画であり、 しかも、私自身には全く無縁(?!)であろう タイトルの映画をどうして観たか、 なんですけど、 きっかけは去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『逆境ナイン』の感想

原作:島本和彦 脚本:福田雄一 監督:羽住英一郎 2005年7月2日公開 -感想- ドラマ『アオイホノオ』の全話視聴の勢いで、 原作者や脚本などが同じことからレンタル DVDで鑑賞してみたのですが、、、 例によって原作は未読で、あくまで 映画としての感想なんですけど、 うー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『蘇える金狼(1979年公開版)』の感想

原作:大藪春彦 脚本:永原秀一 助監督:小池要之助 監督:村川透 1979年8月4日公開? 1979年8月25日公開? -グッと来たセリフ- 「~わたしはあなたにとって、麻薬で操り情報を 手に入れる道具だったのね(永井京子)」 「それは違う(朝倉哲也)」 「絵里子さんと結婚するの?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『かぐや姫の物語』の感想

原作:竹取物語 脚本:高畑勲 坂口理子 監督:高畑勲 作画監督:小西賢一 2013年11月23日公開 -グッと来たセリフ- 「竹の子……お前また大きくなってないか?」 「えっ? そうかな?」 「俺、お前がこのままどんどん大きくなって、 俺たちとは違うところに行っちまう気がする…」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ホーホケキョ となりの山田くん』の(ちょっとだけ)感想

原作:いしいひさいち 脚本:高畑勲 監督:高畑勲 作画監督:小西賢一 1999年7月17日公開 -感想- 高畑勲監督作品の魅力を探ろうと 『平成狸合戦ぽんぽこ』 『火垂るの墓』 『じゃりン子チエ』 『おもひでぽろぽろ』 と続けて観てきたのですが、 どうも作品数を重ねるたびに 一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『おもひでぽろぽろ』の感想

原作:岡本螢 刀根夕子 脚本:高畑勲 監督:高畑勲 作画監督:近藤喜文 近藤勝也 佐藤好春 1991年7月20公開 -グッと来たセリフ①- 「私は、今度の旅行に、小学校五年生の 私を連れてくるつもりはなかった。 でも一度よみがえった十歳の私は、、 そう簡単に離れていってはくれないのだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『じゃりン子チエ』の感想

原作:はるき悦巳 脚本:城山昇  監督:高畑勲 作画監督: 小田部羊一 大塚康生 1981年4月11日公開 -グッと来たセリフ- 「ウチは電車で夢を見た。 水道のしずくがペタペタ顔に当たってた。 そうや、家の蛇口が緩んでた。 ウチでも直せるやろうか……(竹本チエ)」 -感想- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『火垂るの墓』の感想

原作:野坂昭如 脚本:高畑勲 監督:高畑勲 作画監督:近藤喜文 1988年4月16日公開 -感想- 既に更新している 映画『平成狸合戦 ぽんぽこ』に ついて語ってみる(2018年訂正加筆)の記事で、 追悼作品は高畑監督オリジナルの 『~ぽんぽこ』の方が相応しいのではないかと 思っていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『平成狸合戦 ぽんぽこ』について語ってみる(2018年訂正加筆)

原作・脚本・監督:高畑勲 作画監督:大塚伸治 賀川愛  作画監督補:河口俊夫 箕輪博子 1994年7月16日公開 -まえがき- 2018年4月8日に逝去された高畑勲監督の 追悼の意味を込めて、この度代表作のひとつである 本作を改めて観直した上で、記事の加筆を行いました。 -2007年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『あしたのジョー2』の(ちょっとだけ)感想

原作:高森朝雄 ちばてつや 脚本:出崎統 作画監督:杉野昭夫 監督:出崎統 1981年7月4日公開 -グッと来たセリフ- 「待って矢吹君! お願い……待って頂戴! 頼むからリングに上がるのだけは止めて…… 一生のお願い……(白木葉子) 」 「…………(矢吹丈)」 「好きなのよ矢吹君! あな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『探偵はBARにいる3』の感想

原作:東直己 脚本:古沢良太 監督:吉田照幸 2017年12月1日公開 前回予告した通り、久々に公開初日に 映画を観に行ったのですが、 どういう訳だかいつも利用している映画館が 本日に限っては朝イチの初回しか流さないという 謎スケジュールだったので、、、 今回は横浜ブルク13まで足を延ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』の感想

原作:東直己 脚本:古沢良太 須藤泰司 監督:橋本一 2013年5月11日公開 -グッと来たセリフ①- 「~その間、俺個人は何をしていたかといえば、 ちょっとタチの悪い病気に罹っていた。 しかもかなりの重傷だった。 殆どベットから出られず、 ススキノの街にも全く顔を出せなかった と言えば、どれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『探偵はBARにいる』の感想

原作:東直己 脚本:古沢良太 須藤泰司 監督:橋本一 2011年9月10日公開 -グッと来たセリフ①- 「~高田君、教えてあげるよ、 このゲームの奥深さ。 表と裏、白と黒、簡単に裏返る。 人間と同じだ(探偵)」 -グッと来たセリフ②- 「~俺のせいで、田口の親父死なせちまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『Love Letter(岩井俊二監督)』の感想

原作:岩井俊二 脚本:岩井俊二 監督:岩井俊二 1995年3月25日公開 -グッと来たセリフ- 「……似てたら……許せないです…… …それが、私を選んだ理由だとしたら… お義母さん、私どうしましょう……。 あの人、私に一目惚れだって言ったんです。 私もそれを信じてました。 でも、一目惚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『イージー・ライダー』の感想

脚本:ピーター・フォンダ デニス・ホッパー     テリー・サザーン 監督:デニス・ホッパー  1970年1月30日日本公開 -感想- 以前、 『彼のオートバイ、彼女の島』 という映画を観た際に、 そこで描かれていたバイク乗りに 著しい違和感を覚えた私が 改めてバイクが登場する映画として …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の感想

原作:E・L・ジェイムズ 脚本:ケリー・マーセル 監督:サム・テイラー=ジョンソン 2015年2月13日日本公開 -感想- 女性が書いた官能小説を、 女性監督が映画化したということで、 日本公開時には女性に話題になった、 というような記憶のある映画なんですけど、 今回実際に鑑賞して観ると、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『籠の中の乙女』の感想

脚本:ヨルゴス・ランティモス 監督:ヨルゴス・ランティモス エフティミス・フィリップ 2012年8月18日日本公開 -感想- 直前に、邦画の『完全なる飼育』 という映画を観ていたもので、 レンタルビデオ屋で、ふと本作のタイトルを観た際に てっきり同じような内容かと思い、気になって 借りて観たのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(実写版)』の感想

脚本:岩井俊二 監督:岩井俊二 1995年8月12日公開 -グッと来たセリフ- 「もし君を誘ってたらどうした? やっぱり逃げた? 勝った方を誘おうと思ったの、急にそう思ったの。 クロールね、君が勝つと思ってた。 だから勝つ方に賭けたのに……。 もし君を誘っていたら裏切らないで 来てくれた?(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more