テーマ:音楽

ひとりカラオケ その14 -君は天然色?!-

前回、カラオケに行ったはいいものの マイクが音声拾わなくて、 結局飲み食いだけして帰ったので 唄えないことによるフラストレーションが 抑えきれなくなり、 早速翌週、前回とは別の 二つある行きつけのカラオケボックスに 向かったんですが、 店内のあちらこちらから聞こえるのは 「うっせぇ、うっせぇ、うっせえわ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その13 -ある意味カラ・ヴォーカル?!-

先日、いつものように "ひとりカラオケ"に行った際なんですが、 早速"調律"の意味を含めた中村雅俊さんの 『ただお前がいい』 を唄おうとマイクに向かって声を上げたところ… 「―――――――」 えっ、えっ、ええっつ?! スピーカーから流れるのはメロディだけで 私の声が入らない! まさか、これって マイク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その11 -こぶし? しゃくり? って何?-

今年一発目の "ひとりカラオケ"なんですが、 今回は趣向を変えて 唄った楽曲の採点の詳細を 披露しようかと思います。 と、いうのも、 今までJOYSOUNDの全国採点GPには スマホのNFCを利用して"かざしてログイン"で ログインさせていたんですけど、 どうも機種変更した際には 色々と操作を改めてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その10 -遂に夢の90点台へ!!-

前々からこのシルバーウィークに 新規購入したPCX150でツーリングに 行こうかと色々計画していたのですけど、 例によって天候不順で結局出かけられず、、、 そんな訳で再度"ひとりカラオケ"に行ってきたところ なな、なんとっ! 遂に90点台の得点を獲得するに到りました! で、何の曲で90点台を取ったかというと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その9 -色々唄ってみてはしたけれど?!-

最近日々のスケジュールに余裕を持たせようと 目標取得資格数を減らしたのですが、 定期更新の記事が二つ増えてしまったり、 PCXを買ってしまったり、その他光ファイバーの 事業者変更をしたりで、 なんだかんだで結局忙しくなってしまった私。 本来ならPCX関連の記事をもっと 更新したいところなのですが、天気が悪いし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコサウンドミュージアム from X68000』を購入!…したけど?!

まぁ、タイトルの通りなんですけど、 ひょっとしたら若い人だとnamcoはともかく 「X68000って何?」 状態に陥るであろうことから、 "一見さんお断り"感が強いサントラのですが、 要するに、かつて「目の付け所が…」のキャッチコピーで お馴染みのシャープから発売された"X68000"というゲーム機、 じゃなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その8 -自分の声域が判明?!-

いつの間にやらすっかり月初恒例となってしまった -ひとりカラオケ-に行った際の記事なんですが、 まずは男性ボーカル曲を中心に唄ったところ このような結果になりました。 なな、なんと! 前回辛うじてランクインした劇場版 『機動戦士ガンダムⅡ-哀・戦士篇-』 のテーマ曲二曲が、 第1位と2位にランクインしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その7 -高音がでるようになった?!-

遂に第7弾となった、ただ単に カラオケ屋に行って唄った曲を披露するだけという "ひとりカラオケ"シリーズなんですけど、 こんなに続けるだけの需要が あるのだろうかと心配になり、 ひとまず7/4時点でのアクセスリポートを確認してみると ひとりカラオケ その1 20アクセス ひとりカラオケ その2 22アクセス …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その6 -神奈川県全業種自粛要請解除!-

実をいうと、世間でこれだけ 新型コロナウィルスが叫ばれていながら 私の仕事自体にはこれといった 影響がないどころかかえって 忙しくなってしまって、 感染のリスクを避けるために早出の 時差出勤をしたところ、なぜか退勤時間は変わらず、 いや、むしろ更に遅くなったりで、 そんな毎日が5月中旬まで続いたので、 さす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『懐かしドラマ』の名曲たち

先日、おそらくは何年かぶりに音楽CDを 購入したのですが、それがこちら↓ 『堺正章 しんぐるこれくしょん』 ……というか、いつからマチャアキのファンになったんだ?? って感じなのかもしれませんが、堺さんに関しては 好きでも嫌いでもなかったりで、 実は購入の動機はかつて tvkの懐かしドラマ枠で放送されていた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その5 -意外な楽曲によるランキング更新-

前回から一週間程度しか経っていませんが、 全国採点グランプリの得点や結果が気になり 先日、無理矢理スケジュールをこじ開けて またしても“ひとりカラオケ”に行ってしまいました。 前回は月初めということで、どの楽曲を唄っても 全国ランキングの方は殆ど1位を獲得していて、 「あれ? アタシャひょっとして唄う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その4 -『シンクロウ_V7』の名前で出ています?!-

今回もまたまた本筋から離れてしまうのですけど、 タイトルは、なにもワタクシが水商売デビューを したという訳ではなくて、 今回ひとりカラオケに行った際に JOYSOUNDの 『全国採点グランプリ』 という採点モードに “シンクロウ_V7”という名前で登録した、 というだけだったりします。 この『全国採点グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その3

去年“ひとりカラオケ”で 唄った楽曲についてまだまだ 語りたいと思いながら、 年が明けてしまった挙句、 先日今年一発目の“ひとりカラオケ”に 行ってしまったので、 早く更新しなければとは思っているのですが 時間が無いもので、急遽今回は話題を変え 本筋から外れて、 ちょっと手短に今年一発目の “ひとりカラオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その2

前回の記事を更新してから もう、かれこれ一か月近くたってしまったのですけど、 ここまで間が空いてしまうのは やっぱり何かと忙しいからで、 それでもどうにかして更新の頻度を上げようと ただ単純にひとりカラオケで唄った曲を あーだこーだダラダラ綴るだけの 簡単な内容なのに なんだかなぁ、といった感じで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりカラオケ その1

文系なのに理系の仕事、 オッサンなのに若い人中心の職場 などなど、 最近、何処に行っても私の存在は 異分子であるような気がして、この世界の何処にも 自分の居場所はないのかなぁ、 などと思うことが多くなってきた私。 そんな私がちょっとハマりだしたのが たった一人でカラオケ屋で熱唱をするという “ひとりカラオケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あぶない刑事 ORIGINAL ALBUM COMPLETE(完全生産限定盤)』の感想

実を言うと、以前 『あぶない刑事』のサウンドトラックに ついて語ってみる(ドラマ版) でも少し触れたのですけど、 あぶない刑事関係の音楽CDは 「あぶない刑事」サウンド・トラック あぶない刑事 オリジナル・サウンドトラック 総集編 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あぶない刑事』のサウンドトラックについて語ってみる

おかげさまで “あぶない刑事を全話語ってみたい!” シリーズのアクセスを多数頂いており、 “さらばあぶない刑事”の公開時期と 重なっていたとはいえ こんなにも沢山の人が“あぶない刑事”を 愛してくださっていたのかと思うと 本当に感無量です。 そんな訳で、ちょっと気を良くして今回は 私が所有している“あぶない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ガンダム Gのレコンギスタ オリジナルサウンドトラック』の感想

放送終了後にようやく発売となった 『ガンダム Gのレコンギスタ』 のオリジナルサウンドトラックなんですが、 どうして購入したかというと、 “Gレコ”が好きだったからというのと 音楽自体も良かったから、 という定番の理由に加えて、 解説書や曲名などからより作品世界を知る為の 一端になるのではないか、という期待からで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TNG -パトレイバー-オリジナルサウンドトラックの感想(ちょっとだけ)

購入のきっかけは予告編やエピソード:2から OPなどに使用されている劇場版1作目の 「朝陽の中へ」 を彷彿とさせる 「タタタッタッタ~♪ ファファー♪ タタタッタッタ~♪ ファファー♪ パララ♪パララ♪(以下略)」 という曲(Highway - section 2)が気に入ったからなのですが、 これ以外の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコグラフィティコレクションベスト10』を語ってみる

今のところ、私が購入したナムコの最後のアルバムが ビデオゲームグラフィティに収録された楽曲を、 オリジナル部門とアレンジバージョン部門と分けて アンケート集計した結果を収録順として発表したこの 『ビデオゲームグラフィティコレクションベスト10』 です。 また、私が最後に購入したナムコ関係の アルバム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコゲームサウンドエキスプレスVol.14(リッジレーサー2)』を語ってみる

前作で、あまりいい印象を持たなかったのに、 また購入したのは、とにかく、ゲームセンターがやかましくて よく曲が聴けなかったため。 しかし、やはり前作と同じ印象を拭うことが出来ず、 これ以降 『レイブレーサー』 などのアルバムも発売されるのですが 私は購入することはありませんでした。 解説書は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコゲームサウンドエキスプレスVol.11(リッジレーサー)』を語ってみる

リッジレーサーは今でもコンシュマー向けに続編が作られている ナムコを代表するゲームの一つだと思いますが このアルバム辺りから 個人的にナムコに対する評価が一変するというか、 ナムコ離れをするきっかけの一つが これだったような気がするのです。 このゲームのサウンドチームは以前にも触れた 細江慎治氏を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコゲームサウンドエキスプレスVol.8(コズモギャングズ・ザ・ビデオ/パズル)』を語ってみる

このアルバムも他のビクターナムコシリーズ同様、 解説書はちょっとマニアックな内容だったりするのですが “コズモギャングズ・ザ・ビデオ”制作中に 自分達の声をゲーム中に発せさせようとして収録した際に、 その場でしか通用しない独特の“ノリ”に 気が付いたのか 若干、他のアルバムにある “知らない人を置いてけぼりにする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコゲームサウンドエクスプレスVol.6(スターブレード/ギャラクシアン3)』を語ってみる

このアルバムは、 おそらく使用されている楽曲が少ないからか 一枚でスターブレードとギャラクシアン3の 音楽が収録されたコンピレーションアルバムになっていました。 どちらもポリゴンを本格的に使用した ナムコの意欲作ではあるのですが 音楽を担当したのが ドラゴンセイバーの細江慎治氏を 中心としたメンバーだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アウトラン/セガ S.S.T.』を語ってみる

ちょっと記憶が定かではないのですが、 おそらくは“サイトロンレーベル”での末期に リリースされたこの“アウトラン”の 楽曲に絞ったアルバムなんですが、 多少なりとも“音”をリファインしていたG.M.Oレーベルの 『セガ・ゲームミュージックVol.1』 と比較すると、収録されているオリジナル音源は ほぼそのまま収録し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アフターバーナー/SEGA S.S.T.BAND』を語ってみる

既にアフターバーナーの楽曲を収録した アルバムは“G.M.O”レーベルから 発売していましたが、 こちらは“サイトロン”レーベル移籍後に 発売されたミニアルバムだったりします。 同じアフターバーナーを扱った アルバムであっても実は収録した音源が違うようで、 ある意味こちらの方が 希少性が高いかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セガラリー2006サウンドトラック』を語ってみる

※ある意味レア物かもしれない“セガラリー2006”のオリジナルサウンドトラック やっと本題に入れましたが、おそらく大多数の方は 「え?! サントラ出てたんだ」 というよりも 「え?! そんなゲーム出てたんだ」 という感想を持たれるのではないでしょうか。 一応、ドリームキャストを最後に 家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セガラリー2』の音楽について語ってみる

続いて 『セガラリー2』 なのですが、 一応業務用のものが発表されて しばらくしてから“マーベラスエンターテイメント”から サウンドトラックは発売されていたのですが、 内容が大幅にグレードアップした ドリームキャスト版に使用された曲は 収録されていないので、 出来れば完全版のようなものを改めて 発売して欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セガラリーチャンピオンシップ』の音楽について語ってみる

本当は、 『セガラリー2006サウンドトラック』 に関する記事で書いていたのですが、 それを語る前に一連のシリーズに 関することにも触れた方がイイかなぁ、 などと書き進めていたら、思ったより 長くなってしまったのでいくつか内容を 分割することにしました。 さて、最初に 『セガラリー・チャンピオン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『デイトナUSA/B-univ』を語ってみる

前作の、 「VR&アウトランナーズ」 が、ジャケットだけ見ると 何のアルバムだかサッパリわからなかったことへの 反省なのか、今回は一目で、 それとわかるようなジャケットになっており、 B-univの面子の露出も控えられています。 しかし、構成にはあまり変化がなく、 アレンジバージョンが原曲より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more