テーマ:ゲーム

『Nintendo Switch Lite』+『ゼルダの伝説-夢をみる島-』を購入!(2019年10月13日追記)

実をいうと、発売日当日に購入したものの、 なんやかんや忙しくてパッケージを開封したのは 2日遅れの9月22日だったりします。 『Nintendo Switch』に関してはそのうち買おうと 思いながらも、買い時がなかなか定まらず、 取りあえず、『DQ11S』の発売を期に 購入を検討していたのですが、 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドラゴンクエスト11-過ぎ去りし時を求めてS-(Nintendo Switch版)』を購入!

そんな訳で、発売日当日に『DQ11S』を購入したのですが …というか、『ゼルダの伝説-夢をみる島-』はどうしたん? って感じですよね、、、 いや、もちろん『ゼルダ~』もやってはいますけど、 やっと爆弾を武器にしたくらいまでしか進んでいなくて よくよく考えてみれば、今までどうして 『ゼルダ~』シリーズに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第12話の感想

第12話 2013年(最終回) ドラマ内に登場したゲーム ・ゼビウス(ナムコ) ・スーパーストリートファイターⅡX(カプコン) ・バーチャファイター2(セガ) ・バーチャファイター2.1(セガ) ・パックマン(ナムコ) ・ぷよぷよ!!クエストアーケード(セガ) ・鉄拳タッグトーナメント2(ナムコ) ・コラムス(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第11話の感想

第11話 2013年 ドラマ内に登場したゲーム ・ゼビウス(ナムコ) ・鉄拳タッグトーナメント2UNLIMTED(バンダイナムコ) ・マリオカート2アーケードグランプリ(バンダイナムコ) ・太鼓の達人(バンダイナムコ) あらすじ 街のゲームセンターで再会を果たす高野と礼治。 高野はゼビウスの攻略ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第10話の感想

第10話 1997年 ドラマ内に登場したゲーム ・たまごっち(バンダイ) ・トゥルーラブストーリー(PS版アスキー) ・バーチャファイター2(セガ) ・鉄拳3(ナムコ) ・ストリートファイターZERO2(カプコン) ・ヴァンパイアセイバー(カプコン) ※チラッと映ったのも含めます あらすじ 礼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第9話の感想

第9話 1995年夏  ドラマ内に登場したゲーム ・ストリートファイターⅡX(カプコン) ・海底大戦争(アイレム) ・鉄拳(ナムコ) ・キメラビースト(ジャレコ) ・ゼビウス(ナムコ) ・バーチャファイター2(セガ) ・ぷよぷよ通(コンパイル) あらすじ 数年ぶりに高野は礼治の団地を訪れる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第8話の感想

第8話 1995年 ドラマ内に登場したゲーム ・バーチャファイター2(セガ) ・ゼビウス(ナムコ) ・鉄拳(ナムコ) ・スーパーストリートファイターⅡX(カプコン) あらすじ 高野へ礼治の家へ向かうことを指示する木戸。 “ゲームセンターワタナベ”の債権者には 野々村の名前が綴られていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第7話の感想

第7話 1993年 ドラマ内に登場したゲーム ・US NAVY(カプコン?) ・R-TYPE(アイレム) ・ウルフファング(データイースト) ・コズモギャングス・ザ・ビデオ(ナムコ) ・キャプテンコマンドー(カプコン) ・天聖龍(ジャレコ) ・ファンタジーゾーン(セガ) ・スーパーリアル麻雀Ⅳ(セタ) ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第6話の感想

第6話 1990年冬 ドラマ内に登場したゲーム ・マジックソード(データイースト) ・グラディウスⅢ(コナミ) ・熱血高校ドッジボール部(テクノスジャパン) ・US NAVY(カプコン?)  ・ゼビウス(ナムコ) ・ロックマン3(FC版カプコン) ・スーパーマリオワールド(SFC版任天堂) ・ストライダー飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第5話の感想

第5話 1990年 ドラマ内に登場したゲーム ・スペースハリアー(セガ) ・マーベルランド(ナムコ) ・雷電(セイブ開発) ・マジックソード(カプコン) ・グラディウスⅢ(コナミ) ・アルカノイド(タイトー) ・トリオ・ザ・パンチ(データイースト) ・ファイナルファイト(カプコン) ・ダライアス(タイトー) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第4話の感想

第4話 1987年 ドラマ内に登場したゲーム ・スペースハリアー(セガ) ・アルカノイド(タイトー) ・ファンタジーゾーン(セガ) ・熱血硬派くにおくん(テクノスジャパン) ・ドラゴンクエスト(FC版エニックス) ・ドラゴンクエストⅡ(FC版エニックス) ※チラッと映ったのも含めます ・あらすじ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第3話の感想

第3話 1985年 ドラマ内に登場したゲーム ・影の伝説(タイトー) ・ツインビー(コナミ) ・魔界村(カプコン) ・グリーンベレー(コナミ) ・戦場の狼(カプコン) ・パックマン(ナムコ) ・ハングオン(セガMk-Ⅲ版) ※チラッと映ったのも含めます あらすじ 隠れ家で再開した木戸と高野。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第2話の感想

第2話 1984年 ドラマ内に登場したゲーム ・ポールポジションⅡ(ナムコ) ・1942(カプコン) ・パックランド(ナムコ) ・空手道(データイースト) ・ドルアーガの塔(ナムコ) ・FC版ゼビウス(ナムコ) ・FC版マリオブラザーズ(任天堂) ※チラッと映ったのも含めます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』第1話の感想

第1話 1983年 ドラマ内に登場したゲーム ・ゼビウス(ナムコ) ・ギャラガ(ナムコ) ・パックマン(ナムコ) ・クレイジークライマー(日本物産) あらすじ うらびれた下町の街角に佇むシャッターの降りた ゲームセンター“ワタナベ” 閉店のお知らせの貼られたシャッターを開け 店に入り込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコグラフィティコレクションベスト10』を語ってみる

今のところ、私が購入したナムコの最後のアルバムが ビデオゲームグラフィティに収録された楽曲を、 オリジナル部門とアレンジバージョン部門と分けて アンケート集計した結果を収録順として発表したこの 『ビデオゲームグラフィティコレクションベスト10』 です。 また、私が最後に購入したナムコ関係の アルバム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコゲームサウンドエキスプレスVol.14(リッジレーサー2)』を語ってみる

前作で、あまりいい印象を持たなかったのに、 また購入したのは、とにかく、ゲームセンターがやかましくて よく曲が聴けなかったため。 しかし、やはり前作と同じ印象を拭うことが出来ず、 これ以降 『レイブレーサー』 などのアルバムも発売されるのですが 私は購入することはありませんでした。 解説書は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコゲームサウンドエキスプレスVol.11(リッジレーサー)』を語ってみる

リッジレーサーは今でもコンシュマー向けに続編が作られている ナムコを代表するゲームの一つだと思いますが このアルバム辺りから 個人的にナムコに対する評価が一変するというか、 ナムコ離れをするきっかけの一つが これだったような気がするのです。 このゲームのサウンドチームは以前にも触れた 細江慎治氏を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコゲームサウンドエキスプレスVol.8(コズモギャングズ・ザ・ビデオ/パズル)』を語ってみる

このアルバムも他のビクターナムコシリーズ同様、 解説書はちょっとマニアックな内容だったりするのですが “コズモギャングズ・ザ・ビデオ”制作中に 自分達の声をゲーム中に発せさせようとして収録した際に、 その場でしか通用しない独特の“ノリ”に 気が付いたのか 若干、他のアルバムにある “知らない人を置いてけぼりにする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナムコゲームサウンドエクスプレスVol.6(スターブレード/ギャラクシアン3)』を語ってみる

このアルバムは、 おそらく使用されている楽曲が少ないからか 一枚でスターブレードとギャラクシアン3の 音楽が収録されたコンピレーションアルバムになっていました。 どちらもポリゴンを本格的に使用した ナムコの意欲作ではあるのですが 音楽を担当したのが ドラゴンセイバーの細江慎治氏を 中心としたメンバーだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アウトラン/セガ S.S.T.』を語ってみる

ちょっと記憶が定かではないのですが、 おそらくは“サイトロンレーベル”での末期に リリースされたこの“アウトラン”の 楽曲に絞ったアルバムなんですが、 多少なりとも“音”をリファインしていたG.M.Oレーベルの 『セガ・ゲームミュージックVol.1』 と比較すると、収録されているオリジナル音源は ほぼそのまま収録し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アフターバーナー/SEGA S.S.T.BAND』を語ってみる

既にアフターバーナーの楽曲を収録した アルバムは“G.M.O”レーベルから 発売していましたが、 こちらは“サイトロン”レーベル移籍後に 発売されたミニアルバムだったりします。 同じアフターバーナーを扱った アルバムであっても実は収録した音源が違うようで、 ある意味こちらの方が 希少性が高いかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セガラリー2006サウンドトラック』を語ってみる

※ある意味レア物かもしれない“セガラリー2006”のオリジナルサウンドトラック やっと本題に入れましたが、おそらく大多数の方は 「え?! サントラ出てたんだ」 というよりも 「え?! そんなゲーム出てたんだ」 という感想を持たれるのではないでしょうか。 一応、ドリームキャストを最後に 家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セガラリー2』の音楽について語ってみる

続いて 『セガラリー2』 なのですが、 一応業務用のものが発表されて しばらくしてから“マーベラスエンターテイメント”から サウンドトラックは発売されていたのですが、 内容が大幅にグレードアップした ドリームキャスト版に使用された曲は 収録されていないので、 出来れば完全版のようなものを改めて 発売して欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『セガラリーチャンピオンシップ』の音楽について語ってみる

本当は、 『セガラリー2006サウンドトラック』 に関する記事で書いていたのですが、 それを語る前に一連のシリーズに 関することにも触れた方がイイかなぁ、 などと書き進めていたら、思ったより 長くなってしまったのでいくつか内容を 分割することにしました。 さて、最初に 『セガラリー・チャンピオン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『デイトナUSA/B-univ』を語ってみる

前作の、 「VR&アウトランナーズ」 が、ジャケットだけ見ると 何のアルバムだかサッパリわからなかったことへの 反省なのか、今回は一目で、 それとわかるようなジャケットになっており、 B-univの面子の露出も控えられています。 しかし、構成にはあまり変化がなく、 アレンジバージョンが原曲より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バーチャレーシング&アウトランナーズ/B-univ』を語ってみる

S.T.T.BANDが解散した後、詳しいことはわからないものの、 セガは再び移籍をしたのか今度はポニーキャニオンから 東芝EMIに発売元を変更します。 しかし、アルバムのコンセプトにはあまり変化がなく、 バンド色を前面出したシャケットになっています。 今回は、元S.S.T. BANDの ギターの並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『SUPER SONIC TEAM -G.S.M.SEGA3-/S.S.T.BAND』語ってみる

今回のアルバムは、ジャケットだけ見ると 殆どゲーム色を出しておらず、解説書にも あるとおりにバンド色を前面に出してはいますが、 内容に関しては従来のものと あまり変わりがありません。 多分、ゲームにさほど詳しくない層向けへの アピールなのかもしれませんが、このあたりは なかなか難しいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パワードリフト&メガドライブ-G.S.M.SEGA2-/S.S.T.BAND』を語ってみる

「セガゲームミュージックVol.1」 の“アレックスキッド”のアレンジバージョンの頃から、 セガ・サウンドスタッフによる打ちこみ系の 演奏はされていたのですが 前作から正式に 「S.S.T.BAND」 という名称を与えられ、 名実ともにデビュー(?)することとなります。 この“S.S.T.”とは何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ギャラクシーフォース-G.S.M. SEGA1-/S.S.T.BAND』を語ってみる

それまで、“G.M.O”レーベルで 発売されていたセガのアルバムなのですが、 この作品からポニーキャニオンの “サイトロンレーベル”からの発売になります。 移籍した、ということになるのでしょうか? それはともかく、 発売元がポニーキャニオンに移ったので、 その影響なのかどうかは定かではないのですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アフターバーナー セガ・ゲームミュージックVol.3』を語ってみる

以前にも何かの記事で書いたかもしれませんが、 私にはゲーム発の知識というものが結構あり、 音楽に関しては 「アウトラン」 の“Magical Sound Shower”で スチールドラムという楽器を知ることになり、 「アフターバーナー」 では、“KISS”というバンドを知ることになります。 セガと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more