『銀河鉄道999(TV版)』を全話語りたい!(第96話)

第96話 フライング・クロ 前編


 
脚本:藤川桂介
演出:井内秀治
作画監督:内山まさゆき
1980年11月20日放送


前停車駅:ヤーヤボールの小さな世界(誤停車)
次停車駅:

登場列車:銀河超特急999




-この回の予告-

「クロは知っている。
生身の身体を捨てたときから、
機械の身体になった時から、

人間の心が、温かさを失うことを。
人間の心から、優しさが消えることを。

次回の銀河鉄道999は
"フライング・クロ 前編に停まります」




-グッと来たセリフ-

「~一体何を見たんだ、
メーテルのトランクの中に…。(星野鉄郎)」

(中略)

「いつかは必ず見せてあげるわ。
鉄郎と別れる時が来たら(メーテル)」



-あらすじ-

銀河超特急999号は食堂車の調理装置が故障し、
車内で食事がとることが出来ず、
鉄郎は腹を空かしていた。

次の停車駅"クイマ"では
何でも食べられるといことから
メーテルはそこで食事をとることを提案するが、

車掌が言うには
銀河鉄道指定のホテル以外では
食事はとらないよう、指示を受ける。

"クイマ"は20世紀の日本を思わせる
町並みが広がり、その空には猫の親子とみられる
一筋の列が行進をするがごとく歩いていた。

サンワダイレクト アタッシュケース A4/13.3型PC収納 鍵・ショルダーベルト付 ポリカーボネート製 200-BAG167BK
サンワダイレクト アタッシュケース A4/13.3型PC収納 鍵・ショルダーベルト付 ポリカーボネート製 200-BAG167BK


-感想-

例によって後編を視聴していない
状態での感想なんですけど、

正直、明らかになっていない情報が多すぎて
この時点ではどのような展開に進むのか
わかりかねますね。

ただ、劇中に登場する"機械ポリス"の
描き方を見ていると、

"機械化人間"という存在は、
単に身体を"機械化"しただけの人間、
という訳ではないように思えてきますね。

別の話でも少し触れましたが、
現実の世界を顧みると、生身の人間であっても
"機械化人間"のような人はいるような気がします。




そして今回の"グッと来たセリフ"なんですが、
一度、映画版、原作版、そしてテレビ版の
結末までを知っている視点でいえば、

結局メーテルのトランクの中身は
何だったのかさっぱりわからないのですけど、

いわゆる"エターナル編"が現状(2022年5月)
未完のままであることを考えると、今後その辺が
描かれる可能性はゼロではないんでしょうけど、

う~ん、果たして?!




-エピローグ-

一体、このクイマという星は、
どういう星なのだろう。

心の優しい人のところへ現れるフライング・クロ。
しかしそこには、必ず機械ポリスが現れるのだ。

再び鉄郎のところに現れたフライング・クロ。
しかしそれをキャッツロイドが追い返した。

そこには一体、どんな謎が、隠されているのだろうか。
(ナレーションより)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0