『銀河鉄道999(TV版)』を全話語りたい!(第39話)

第39話 霧の都のカスミ



脚本:藤川桂介
演出:明比正行
作画監督:石黒育
1979年7月5日放送


前停車駅:卑怯者の長老星
次停車駅:球状住宅団

登場列車:銀河超特急999 
     



-この回の予告-

「そこは、目に見えない牢獄の星。

心に希望は燃えていても、心に勇気があふれていても、
人は、その鎖を断ち切れないのか
人は、その壁を打ち破れないのか

次回の銀河鉄道999は
“霧の都のカスミ"に停まります」




-グッと来たセリフ-

「ぼくはたんこぶが十個や二十個出来ようが、
風呂に入るまいが、死にゃぁしないもんね、
ぼくはしあわせなんだなぁ(星野鉄郎)」




-あらすじ-

光をも通さない微粒子に覆われた漆黒の波を貫く
銀河超特急999の次なる停車駅は、"霧の都"。

その星は、二つの惑星になる星が、
一つに結合してしまった星なのだという。

そして、その白い霧に包まれた街角から、
999号の軌跡を眺める一組の男女がいた。


Aemicion 定期入れ パスケース パス入れ リール付き ストラップ付き icカードケース カードケース 革 二面 メンズ レディース 通勤 通学 ブラック (ブラック)
Aemicion 定期入れ パスケース パス入れ リール付き ストラップ付き icカードケース カードケース 革 二面 メンズ レディース 通勤 通学 ブラック (ブラック)


-感想-

今回はちょっと999のテーマから離れたような
話にも見えるんですが、"命の在り方"が
描かれているように思うので、

大きく逸脱しているわけでもないのでしょう。

また、どちらかというと逃れられない
"宿命"の悲劇が描かれた、というよりは、

今回の"グッと来たセリフ"にあるように、
「しあわせなことは、何でもないことの中にもある」
という要素の方に重きが置かれた話のようにも思います。




まぁ、これは、これまで年を重ねていくうちに、
いくつかの持病を抱えるようになって、

毎日健康で過ごせた何でもない日々が
どれほど尊い時間であったかと考えるように
なったからでもあるんですけどね。

やっぱり、こういうことって
年を重ねてみないとわからないこと
なんですよね、悲しいことですが…。




-エピローグ-

宇宙には生きるものすべてに当てはまるルールと、
それとは全く逆に、当てはまらない星が
所々にあるものだ。

"霧の都"もその中の一つだ。

そこで生まれた者は、生涯外に出ることはできない。
旅人はそこを、かげろうの牢獄という
(ナレーションより)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0