『機動戦士ガンダム』を全話語ってみる(第42話)

第42話 宇宙要塞ア・バオア・クー



脚本:星山博之
演出:藤原良二
絵コンテ:斧谷稔
作画監督:中村一夫
1980年1月19日放送




-グッと来たセリフ①-

「我が忠勇なるジオン軍兵士たちよ、
今や地球連邦軍艦隊の半数が、我がソーラレイに
よって宇宙に消えた。

この輝きこそ、我らジオンの正義の証である。

決定的打撃を受けた地球連邦軍に、
いかほどの戦力が残っていようと、
それは既に形骸である。

敢えて言おう、カスであると!

それら軟弱の集団が、
このア・バオア・クーを抜くことは
出来ないと私は断言する。

人類は、我ら選ばれた優良種たるジオン国
国民に管理運営されて、初めて永久に
生き延びることが出来る。

これ以上戦い続けては、人類そのものの危機である。
地球連邦の無能なる者どもに思い知らせて
やらなければならん。

今こそ、人類は、明日の未来に向かって
立たねばならぬ時であると!

ジーク、ジオン!(ギレン・ザビ)」

ガンダム あえて言おうTシャツ ブラック サイズ:XL
ガンダム あえて言おうTシャツ ブラック サイズ:XL


-グッと来たセリフ②-

「さて問題は、私に明確なニュータイプの
素養があるかどうかだが…(シャア・アズナブル)」





-あらすじ-

ソーラレイが発射されたことにより、
同一線上に展開していたデギン公王乗船の
「グレートデギン」ごと

連邦軍の主力艦隊は殲滅されてしまいます。
そんな中、ア・バオア・クー攻略のため、

ホワイトベースの
最後の出撃が始まります。



GGG(ガンダム・ガイズ・ジェネレーション) 機動戦士ガンダム ギレン・ザビ 1/8 完成品フィギュア
GGG(ガンダム・ガイズ・ジェネレーション) 機動戦士ガンダム ギレン・ザビ 1/8 完成品フィギュア





-感想-

ここからは、ほぼ映画版と展開は同じです。

この話では、父を殺された怒りからキシリアは
ギレンを射殺してしまうのですが、

ガルマを失った際にはさほど
感情的にならなかったキシリアが、なぜ衝動的とも
いえるこんな行動を取ったのでしょうか。

この時点で、ジオン軍の秩序は完全に崩壊して
敗北が決定的になった、とも言えなくは
ないかもしれません。

一応

「父殺しの罪は、たとえ総帥であっても
免れることは出来ないっ! 異議のあるものは
この戦いの終了後、法廷に申したていッ!」

などと、もっともらしいことを言ってはいますが。

あの言葉が本気であるなら、
文句は言えませんよね。脱出の際、シャアにバズーカで
頭部を吹っ飛ばされても。
(初出:2007年12月17日)




-2021年2月13日追記-

今回は、"グッと来たセリフ"を長々と
書き連ねてしまったことや、

基本的には前後篇の最終回なので総括的なことは
次回にまとめようかと思うので手短に
済ませようと思うのですが、

まず"グッと来たセリフ①"の
お馴染み(?!)ギレン総帥の演説なんですが、

結末を知っている視点でいえば、
最終決戦を前にしてでの演説ということを考えると

意外と冷静というか、危機感を煽って感情に任せて
言葉を乱暴にポンポン投げつけるという
感じではないんですよね。

その辺は自身なのか計算なのか
はっきりしないのですが、キシリアの件が無ければ
ひょっとして…。ということもあり得たのかもしれません。




そして、グッと来たセリフ②なんですけど、
一応、この後の宇宙世紀の史実、

『Z』~『逆襲のシャア』での出来事などなどを
顧みて思うんですが、

シャア・アズナブルって、果たして
本当に"ニュータイプ"といえる
存在だったのでしょうか。

まぁ、ジオングやサザビーを操れるあたりで
そうだったとも言えるかもしれないのですが、

アムロやララァ、あるいはカミーユなどの
それとは、ちょっと違うような
気がするんですよね。

更に後の時代の『F91』の主人公である
シーブック・アノーの

「パイロット適性のある人のことだよ」
という認識の存在の方にシャアは
近いような気もします。

これは、私自身の"ニュータイプ"の定義が
『Z』の時代の

”誤解なくわかりあえる人たち”

で、あるからなのかもしれませんが。













-ガンダム関連の記事-

「機動戦士ガンダム」を全話語ってみる(目次)

「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」を
全話語ってみる -目次-


『機動戦士Zガンダム』を全話語ってみる

『機動戦士ガンダムZZ』を全話語ってみる(目次)

「新訳Zガンダム三部作」を語ってみる

「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」を語ってみる

『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の
ちょっとだけ感想(目次)


「ガンダムF91」の物語を語ってみる

「機動戦士Vガンダム」の全話を語ってみる(目次)

『∀ガンダム』を全話語ってみる(目次)

『ガンダム Gのレコンギスタ』の感想(目次)




-冨野由悠季監督関連の記事-

『無敵超人ザンボット3』を全話語ってみる

『戦闘メカ ザブングル』を全話語ってみる(目次)

『ブレンパワード』を全話語ってみる

映画『伝説巨神イデオン~発動篇~』を(ちょっとだけ)語ってみる


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0