『機動戦士ガンダム』を全話語ってみる(第38話)

第38話 再会、シャアとセイラ



脚本:松崎健一
演出:藤原良二
絵コンテ:藤原良二
1979年12月22日放送




-グッと来たセリフ①-

「~了解した。
フラウ、ハヤトの様態を視てきてくれないか、
ハヤト淋しがっているだろう(ブライト・ノア)」




-グッと来たセリフ②-

「ララァ、私にも悲しいことがあるのだよ、
訊かないでくれんか(シャア・アズナブル)」




-あらすじ-

前回から直接繋がる話です。

アムロはシャアの乗るゲルググも撃退しますが、
ガンダムにもダメージが蓄積してしまいます。

ホワイトベースは、アムロを捜索するために
テキサスコロニーに侵入、ここでタイトルにあるとおり
シャアとセイラが再会します。



HGUC 1/144 MS-14S シャア・アズナブル専用 ゲルググ (機動戦士ガンダム)
HGUC 1/144 MS-14S シャア・アズナブル専用 ゲルググ (機動戦士ガンダム)




-感想-

この話もほぼ映画版と同じ流れなのですが、
いくつか違う部分があって、アムロ捜索のための無線は、
フラウ・ボゥが過労でフラフラしているのをブライトが察して、

ハヤトの様子を見に行くように指示して休息を促し、
インカムはブライトが引き継ぐことになっていたりします。
この流れはTV版のほうが自然でした。

あと、シャアとセイラのやり取りは映画版のほうが
ドラマチックになっていたりします。で、結局アムロを
発見したのもセイラだったりしてます。




第35話から再登場していたワッケインですが、
テキサスコロニーから出港するザンジバルと
対戦した後に戦艦マゼランは沈められ、

最初から最期までシャアにやられっぱなしで
終わってしまったようです。

ブライトは、残骸と化したマゼランを目にして
「ワッケイン指令――」
と絶句して涙をこぼすのですが、

かつてルナツーで、
あんな目に遭わされているのに
随分と人がいいような。

と、同時に、生粋の軍人で固められた
部隊以上の実力を、ホワイトベースが持っていることが
このことからわかることになります。
(2007年12月15日初出)




-2021年1月15日追記-

今回は、シャアとセイラの過去が
披露される回ではあるのですが、

細かなところを見ていくと、
グッと来たセリフ①のような
伏線が貼られていたりするんですよね。

とはいえ、この時点ではフラウとハヤトが
結ばれるという展開は構想に
なかったようですけどね。



そして、今回のグッと来たセリフ②なんですが、

前回の
「~ララァ、冗談はやめにしてくれないか」
というセリフと同様に、

どこかララァを突き放すかのような
態度を取るんですよね、シャアは。

後の世の"逆襲のシャア"での、
「~ララァは私の母に~」という発言を考えると
この辺は独りよがりのようにも感じますね。

”誤解なく理解し合える人間”という
意味合いで言えば、

シャアはニュータイプと足り得なかった
存在のようにも思いますね。











-ガンダム関連の記事-

「機動戦士ガンダム」を全話語ってみる(目次)

「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」を
全話語ってみる -目次-


『機動戦士Zガンダム』を全話語ってみる

『機動戦士ガンダムZZ』を全話語ってみる(目次)

「新訳Zガンダム三部作」を語ってみる

「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」を語ってみる

『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の
ちょっとだけ感想(目次)


「ガンダムF91」の物語を語ってみる

「機動戦士Vガンダム」の全話を語ってみる(目次)

『∀ガンダム』を全話語ってみる(目次)

『ガンダム Gのレコンギスタ』の感想(目次)




-冨野由悠季監督関連の記事-

『無敵超人ザンボット3』を全話語ってみる

『戦闘メカ ザブングル』を全話語ってみる(目次)

『ブレンパワード』を全話語ってみる

映画『伝説巨神イデオン~発動篇~』を(ちょっとだけ)語ってみる


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0