『機動戦士ガンダム』を全話語ってみる(第23話)

第23話 マチルダ救出作戦



脚本:星山博之
演出:藤原良二
絵コンテ:藤原良二
作画監督:中村一夫
1979年9月8日放送




-グッと来たセリフ-

「~本当だリュウ…
お前のやり方は、利口じゃなかったかもしれんが、
俺たちに模範を示してくれた。

何をやったかで人間の値打ちは決まる。
お前はつよい…だからだ、

負けないと思うのだかな…あぁっリュウ!
(ブライト・ノア)」




-あらすじ-

エンジンが損傷して動けないホワイトベースに、
マチルダ隊が救援物資を運んでくる話です。

HGUC No.050 1/144 Gアーマー (Gファイター + RX-78-2 ガンダム) (機動戦士ガンダム)
HGUC No.050 1/144 Gアーマー (Gファイター + RX-78-2 ガンダム) (機動戦士ガンダム)


-感想-

アムロは、マチルダ隊が攻撃を受けていることに
よほど頭にきたのか、空中戦とはいえコアファイターで
グフを一機撃墜したりしています。

ブライトは、依然として病床にあったりするのですが、
やっぱりミライじゃホワイトベースの指揮は
無理なような気がしてならないですね。

普通は副官なり何なりがいるのでしょうけど、
レビル将軍曰くホワイトベースは
正規軍ではないそうなので。

そういえば「Z」ではブライト不在のときは
オペレータのトーレスがアーガマの
指揮を執っていたわけで、

本来なら一応キチンとした訓練を受けている
マーカなりオスカなりが指揮を執ったほうが
幾分マシのような気もするのですが…。



そうそう、この回で「Gファイター」が初登場します。
(2007年12月7日初出)




-2020年9月8日追記-

今回のグッと来たセリフなんですけど、
耳コピなので一字一句正確に書き写した
セリフではないかもしれませんが、

おそらく、ブライトとしては
リュウに負けないように精進するっていう
決意表明だったのではないかと思います。

元はと言えば、アムロが悪いのはもちろんのこと、
ブライトもアムロに対して正当な評価をしていたとは
言い難い部分もある訳で。




そういう意味でいうと、もっと
評価されてしかるべきなのはハヤトですよね。

前回はガンキャノン、今回はガンペリーの操縦に
Gファイターの初出撃などもやってのけて、

ひょっとしたらホワイトベースでハヤトが
乗ったことがない艦載機はガンダムだけ
なんじゃないでしょうか。

このように、オールマイティの技量があって、
協調性もあり戦闘にも積極的に参加しているのに
唯一足りないのが戦果だったりして、

この一点だけで、大きくアムロから
見劣りしてしまうんですよね。

少なくともカイ・シデンより貢献しているような
気がしないでもないのですが、

なぜかキャストのクレジットも相当後ろ方に
あったりしてで、戦後フラウ・ボゥと結婚したのが
ちょっとした救いだったりして?!




まぁ、でも、世の中にはハヤトのように
良い人なのに報われない人は確かに存在するわけで、
リアルと言えば、リアルなんですけれども。









DMMでDVDを借りて観たい方は
上の画像をクリック↑





-ガンダム関連の記事-

「機動戦士ガンダム」を全話語ってみる(目次)

「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」を
全話語ってみる -目次-


『機動戦士Zガンダム』を全話語ってみる

『機動戦士ガンダムZZ』を全話語ってみる(目次)

「新訳Zガンダム三部作」を語ってみる

「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」を語ってみる

『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の
ちょっとだけ感想(目次)


「ガンダムF91」の物語を語ってみる

「機動戦士Vガンダム」の全話を語ってみる(目次)

『∀ガンダム』を全話語ってみる(目次)

『ガンダム Gのレコンギスタ』の感想(目次)




-冨野由悠季監督関連の記事-

『無敵超人ザンボット3』を全話語ってみる

『戦闘メカ ザブングル』を全話語ってみる(目次)

『ブレンパワード』を全話語ってみる



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0