『機動戦士ガンダム』を全話語ってみる(第22話)

第22話 マ・クベ包囲網を包囲網を破れ!



脚本:松崎健一
演出:貞光紳也
絵コンテ:貞光紳也
作画監督:安彦良和
1979年9月1日放送




-グッと来たセリフ-

「フフ、何のためにレーダーを残したのかも知らんで…。
なまじレーダーがあるからこそ、自分で勝手に状況を判断して
我々の網にかかってくれる(マ・クベ大佐)」






-あらすじ-

マクベの鉱山基地を叩きながら
ヨーロッパを目指す一行ではありましたが、
ブライトが過労により倒れ、

ホワイトベースがしっちゃかめっちゃか
状態になる話です。




ガンダムトライエイジ/TPR-051 マ・クベ
ガンダムトライエイジ/TPR-051 マ・クベ




-感想-

話の頭辺りで、マクベが、
おそらくはスパイのひとりであろうジュダック
という人物に面白い言葉をかけていました。

「ミスタージュダック、襟を直したまえ。
連邦軍のカラーが見えているぞ」

これって、襟の中から連邦軍の制服が覗けていたのか、
それとも服装の乱れで連邦軍の体質を皮肉った台詞なのかは

画面ではハッキリしませんが、
服装でその組織なりの体質や傾向なども、
結構わかったりしますよね。




この記事を読んでいる中で、
もし制服を着用しなければいけない
職についているがいるのならば、

このジュダックの服装の乱れ、
たかが襟ぐらいと笑いますか、それとも
これはイカンと眉をひそめますか。

いやらしい言い方かもしれませんが、
一応それなりに有名な企業と、まったく
無名な企業で働いたことのある経験から言うと、

有名な企業になるほど決められたことを、
ほぼ100%に近い数字で実行して、職場の秩序も
統率がとれているように思えます。

無名な企業ほど、徐々にその辺りが
曖昧になって守られるパーセンテージが
下がっていくような気がしました。




ま、決められたルールの違いもあるのかもしれませんが、
特に実力云々を重視する企業は決められたルールが
おざなりになる傾向が強いようです。

「ぶっちゃけ過ぎ」の社会的風潮と、
数字さえ挙げれば何もかも許される「結果優先主義」が
はびこっているとでもいうのかな。

これが良いことなのかどうかわかりませんが、
食品偽装問題などは、少なからず関係して
いるんじゃないのかなーなんて。




それはともかく、精神的支柱であった
リュウを失い、ブライトは倒れてしまいで、

ホワイトベースの指揮はミライに託されるのですが、
もともと単なる民間人であったので

必ずしも的確な指示が出せるというわけでも
ないのでしょう。もう、しっちゃかめっちゃかです。




そんな中、アムロはハヤトの乗る
ガンキャノンとチームワークを
演じていたりします。

この辺はリュウの死が何らかの
影響を与えているのでしょう。

それにしても、グフは、ランバラルが
搭乗しないとこんなものなのでしょうか。

結局、ホワイトベースはマクベの罠にはまり、
ホワイトベースはまたも左のエンジンが損傷したり、

モビルスーツデッキがメガ粒子砲で撃ちぬかれたりで
墜落し、取り敢えずは大破したことを偽装して
第二波の攻撃を避けています。
(2007年12月7日初出)








-2020年9月5日追記-

今回は、あれほどアムロを苦しめた
MSグフが大量に登場したり、ドップの編隊が
大量に登場したりで、

物量を前面に出した作戦が展開されるのですけど、

この辺はひょっとしたら、
誇り高き武人の印象が強いラン・バラルとの対比にも
なっているのかもしれませんね。

それにしても、あれだけ物量が豊富であるなら
最初から工作隊にレーダーも破壊させてグフとドップに
集中攻撃を展開させた方が良かったようにも思うんですけど、

そこはやっぱり、本来のホワイトベースの指揮官である
ブライト・ノアが不在なので、物語の展開上マ・クベには
小悪党に徹してもらうしかなかったのでしょう。




あと、そういった"事情"絡みのことを言うと、
今回コアファイターの戦闘中に無謀な
ガンダムへの空中換装をさせたのは、

プロローグで状況説明が入って
時間が無くなってしまったからなんでしょうね。

この辺りの話で毎回のようにプロローグで空中換装のシーンが
挿入されたのは確か、当時これまでおもちゃの
売り上げが芳しくなかった

スポンサーの要求だったような気がします。

Gファイターの登場もその辺が
理由だったようなんですけど、

一応、今回はその登場までの必要な伏線だったとも
言える話で、この辺の展開の持って行きかたは
お見事! なんじゃないでしょうか。

あと余談ですが、ハヤトがガンキャノンに搭乗したのって、
映画版だけじゃなかったんですね。







DMMでDVDを借りて観たい方は
上の画像をクリック↑


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0