『機動戦士ガンダム』を全話語ってみる(第19話)

第19話 ランバラル特攻!



脚本:星山博之
演出:行田進
絵コンテ:斧谷稔
作画監督:安彦良和
1979年8月11日放送




-グッと来たセリフ-

「見事だなっ!しかし小僧!自分の力で勝ったのではないぞ!
そのモビルスーツの性能のお陰だということを、忘れるな!
(ランバ・ラル)」

「ま、負け惜しみを…(アムロ・レイ)」




-あらすじ-

アムロとランバラルが砂漠の
食堂で出逢い、ガンダムとグフの対決に、
ひとまずの決着がつく話です。




ガンプラ HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
ガンプラ HGUC 196 機動戦士ガンダム グフ 1/144スケール 色分け済みプラモデル





-感想-

一部台詞が違うものの、ほぼ映画版と同じ内容です。

この回の戦闘シーンの山場は、
殆どチャンバラになっていて、

それなりに手に汗握る展開なのでは
ないかと思います。

この部分も「Z」以降のリアル指向の傾向で
なくなってしまった魅力なのかもしれませんが、
いちばんパイロットの技量が反映される

戦い方ではあると思うのですけどね。




あと、ブライトの過小評価にキレて
ホワイトベースを飛び出したアムロではありますが、
敵であるランバラルからはそれなりに認められているわけで、

それが
「あの人に勝ちたい!」
の台詞に繋がったのかな?




あと、フラウ・ボゥとアムロの関係って、
どんなものなのかなー、などと思ったりします。

ランバラル一行とのやり取りを終えたあとの
「どんどん私から離れていっちゃうのね…アムロ」
というフラウ・ボゥの台詞は、

アムロの存在のことを言ってるのでしょうか、
それともアムロの気持ちのことを
言ってるのでしょうか。
(2007年12月6日初出)








-2020年8月10日追記-

少年期に視聴していた時は、
もうちょっと長くアムロが砂漠を
彷徨っていた印象があったのですが

これって、歳を重ねるにつれ"光陰矢の如し"のように
月日が流れるのが短く感じるようになった
故のことなんでしょうかね。

まぁ、ファーストシリーズを夢中になって観ていたのも
かれこれ40年前近く前の話になってますからね、

今思えば当時の一週間は、今の一か月くらいの
長さに時間を感じていたような気がします。




それはともかく、今回の"グッと来たセリフ"からすると、
やはりアムロの承認欲求のようなものは
ブライトさんからではなく、

階級も年齢も、あるいは軍人としての実績も上であろう
ランバ・ラルからもたらされたように思いますね。

今回は『Z』以降からは希薄となってしまった
ガンダムのひとつの魅力であったアクションシーンが
ふんだんに盛り込まれているのですが、

単にアクションが派手になっているだけではなく
アムロのグフに対する戦術の研究の成果が
遺憾なく発揮されており、

最初の戦い
(第12話ジオンの脅威「ザクとは違うのだよっ!」のシーン)で

ビームサーベルを上から斬りつけようとすると
腕で防御されてしまうという経験を基に

今回は一歩懐に踏み込んで下から斬り上げることで
グフの両腕を切断し、これが決め手となってランバ・ラルを
撃退することに成功していたりするので

細かいところでもちゃんと話が"繋がって"おり、
言葉による説明が無くても”フィルムを観れば”
キチンとわかるようになってたりします。




ガンダムには教育型コンピュータが搭載されていますが
AIに近い機能も実装されているんでしょうかね。

だとしても、機械学習の方向性は
アムロが行っていたのでしょうから、

やはりアムロがガンダムを
"いちばんうまく使える"のでしょう。










DMMでDVDを借りて観たい方は
上の画像をクリック↑


-ガンダム関連の記事-

「機動戦士ガンダム」を全話語ってみる(目次)

「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」を
全話語ってみる -目次-


『機動戦士Zガンダム』を全話語ってみる

『機動戦士ガンダムZZ』を全話語ってみる(目次)

「新訳Zガンダム三部作」を語ってみる

「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」を語ってみる

『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』の
ちょっとだけ感想(目次)


「ガンダムF91」の物語を語ってみる

「機動戦士Vガンダム」の全話を語ってみる(目次)

『∀ガンダム』を全話語ってみる(目次)

『ガンダム Gのレコンギスタ』の感想(目次)




-冨野由悠季監督関連の記事-

『無敵超人ザンボット3』を全話語ってみる

『戦闘メカ ザブングル』を全話語ってみる(目次)

『ブレンパワード』を全話語ってみる





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0