Surface GOのUSBハブ(USB-3HSS5BK)を購入

すぐに手放してしまったipadとは異なり、
ほぼ毎日と言っていいほど使わない日がない
Surface GOなんですが、

これまでこれといった不満などは無かったのですけど
唯一よくわからないことがありまして、

それは何かというと、どういいう訳だか
「USBポートが使えない」
ということ。

DSC00420.jpg
Suface GOにはTYPE-CのUSBポートが
ひとつ装備されているのですが、以前スマホの写真を転送しようと
TYPE-CのUSBケーブルで接続してみたところ

なぜかSurface GO側で認識されず、、、
もちろん、スマホ側でも何も反応が
無かったりします。

ひょっとしたらスマホ側に問題があるのかと思い、
試しにメインPCのバックアップ用として使用している外付けの
HDDにTYPE-Cの変換コネクターを接続してみたところ

これも全く反応せず、、、




まぁ、でも、殆どデータのやり取りは
OneDrive経由でやってるので別に使えなくても
いいかなぁ、とも思っていたのですが、

日増しに使えない理由が気になってきて調べてみると、
初期不良の不具合の可能性も否定できないのですが、

どうもUSBケーブルにはコネクタの形状に特徴のある
TYPE-C以外に規格があるようで、それがどうにも
色々あって複雑なんですけど、

取りあえず、私のSurface GOではUSB 3.1 Gen 1の規格の
ケーブルは認識されることが判明しました。




認識されるケーブルが分かると欲が出てきて、
既存のPCの周辺機器も接続出来るように
したくなったのですが、

そうするとUSBのA、Bへのオスメス変換コネクタやら
USB 3.1 Gen 1の規格のケーブルも何本か
揃えないといけないのかなぁ、

と思っていたところで目にしたのが

サンワサプライ製のUSBハブ
『USB-3HSS5BK』

DSC00763.jpg
まぁ、ハブとしての機能は左から
ヘッドホン端子、USB A端子、USB TypeC、LANポート
しかないので、正直ビミョーといえばビミョーなんですけど

DSC00766.jpg USB A端子のポートを備えているので、
あくまでも私の端末に限っでのことですが 

TYPE-C以外の既存のケーブルでも、スマホを含めた
各種周辺機器をSurface GO側で認識させることが出来ました。
転送速度とか充電の際の電圧とかはよくわかりませんが。




取りあえず、これでメインで使用しているPCに
万が一の事態が発生してもしばらくの間は代替機として
使用する環境が整ったことになります。

DSC00764.jpg
Surface GOに取り付けるとこんな感じ。

電源ケーブルの向きを下向きにすることと、
音声がヘッドホン側に切り替わること以外は
これといった不便さはないです。

まぁ、強いて言えば価格がちょっとアレですかね。

しつこいようですが、Surface GOやUSBハブなどの挙動は
あくまでも私の使用環境下での結果ですので
その辺の所を予めご承知おきくださいマセ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0