映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の感想

原作・監修:堀井雄二
脚本・総監督:山崎貴
2019年8月2日公開



以前、”『ドラゴンクエストV~天空の花嫁~(SFC版)』を
語ってみる”
でも触れていますが、

現時点の”11”まで続くドラクエシリーズの中で
”Ⅴ”を超えるストーリーにはめぐり会えていなくて、

何が良かったといえば、やっぱりゲームの世界の中で
ありながら幼き主人公(=プレイヤーの分身)が

やがて現実世界と同様に大人へと成長し、
いくつかの出逢いと別れを経験する中で
結婚してしまったり、

それ以上に印象に残っているのは、
窮地に陥った主人公を救いに来たのが
忠臣サンチョと、自分の息子、娘たちで、

しかも、愛しき人との遺伝子を分けたその息子は、
長年探し求め続けていた伝説の勇者だった、
という衝撃の真実が、

ゲームの物語でありながら、
「子は親を超えていくもの」ということや、

たとえその存在が世界を救う英雄ではなくても、
愛する人と血を分けた自分の子供は、

親たちにとっては勇者に匹敵する
尊い存在なんだ、という

現実世界にも通じる普遍性のある真理のようなことに
気付かせてくれたのと同時に、

そうした魅力からTVゲームが、映画や小説などに
比肩する第一級のエンターティメントであることを
証明し得たところが一つの特徴であるだけに、

本作の映画化は色々と公開までにあったものの、
個人的には大きな期待を持っており、本日待望の
鑑賞してきたのですが…。





う~ん、なんというか、題材はいいのに
作り手側の色んな人の思惑がうまくかみ合わなくて
不協和音が終盤になって露呈した、

とでも言うんでしょうかねぇ。

ネタバレになってしまうので詳細は
伏せようかと思うんですけど、

要は、今回の映画はドラクエVの世界観を
映像化したのではなくて、”ドラゴンクエスト”という
ゲームの存在意義のようなものを描こうとしようと、

唐突にした節を感じるんですよね。

その一端が”ユア・ストーリー”という
サブタイトルにも表れているように思うんですが、

あくまでも個人的な勝手な想像なんですけど、
山崎貴監督と原作者である堀井雄二さんの

目指すべき方向性が完全に一致することが
出来なかったのではないかと思います。

そうしたテーマで描くのであればむしろ
『ドラゴンクエストⅥ~幻の大地~』
の方が合っているような気がしますね。




この点を除けば、基本的には無難に
出来ていると思いますが、

終盤の展開を考えると、おそらくは物語に入って
行きやすくするように簡略化された登場人物の
設定などは変えないで欲しかったですね。

映像的にはよく出来ていると思います。
一部で批判のあったキャスティングも私としては
あまり気になりませんでした。

また、夏休み真っ只中の公開ということで
劇場には感情表現豊かなチビッコ(死語)も
来場していたのですが、

比較的静かに観ていた、ということを
付け加えさせていただこうかと思います。

ドラクエ.jpg
↑画像は劇場で購入したパンフレット