NETFLIX版『ULTRAMAN』の(ちょっとだけ)感想

原作:円谷プロダクション
    清水栄一・下口智裕
脚本:檜垣亮・土城温美・砂山蔵澄
監督:神山健治・荒牧伸志
2019年4月1日NETFLIXより配信(全13話)






-感想-

前回の
『リラックマとカオルさん』
からの流れで、

せっかく“NETFLIX”に一か月間無料で契約したので
他にも何か観てみよう、と視聴したのが
今回紹介する

『ULTRMAN』
なのですが、

一応全13話視聴はしたものの、例によって
原作漫画の方は未見の状態での感想なので、
その辺のところを予めご承知おき頂ければと思います。




多分、コンセプトとしては
初代ウルトラマンの物語のその後の世界の
“if(もしも)”を描いたものだとは思うのですが、

物語的に今風に破綻無くまとめられていて、
映像的にもモーションキャプチャーCGを使用した
アニメが新鮮で迫力も見応えがあり、

ストーリーの節々に各ウルトラ作品のオマージュの
ようなシーンがあってウルトラシリーズのファンという立場から
見てもそれなりに楽しめて観られたのですが、

反面、初代ウルトラマンという存在が持っていた
神秘性が失われてしまったようにも感じましたね。

結局本作の“ウルトラマン”という存在は
ある意味科学特捜隊に所属する隊員の一人で、

その力の源もウルトラマン因子という設定はあるものの、
どうにも影が薄くてあまり活かされているとは言い難く、

どちらかといえば、イデ隊員が開発したスーツという
いち装備のお陰という印象が強いですからね。




また、“星団評議会”というスターウォーズ的
世界観の広がりも、初代ウルトラマンという存在の
神秘性を薄めることに繋がってしまい、

そういった世界観を導入するのであれば
“宇宙刑事シリーズ”で展開した方が違和感が
ないように思ってしまいますね。

スーツといえば、そのデザイン的にはアメコミの
“アイアンマン”の影響が垣間見られてしまうのですが、

もうちょっと、たとえば
『電光超人グリッドマン』のような
円谷プロ風に寄って欲しかったところですね。




今回はシーズン1ということで、
物語自体は完結していないのですが、

最終話を観た時点での真の黒幕は
ベムラーではなくケムール人なんじゃないでしょうか…。

あ、今はゼットン星人というのかな?
いつから呼称が変わったんだろう? 
最初からそうでしたっけ?

ともかく、この見解が覆されるのかどうかは
シーズン2以降の配信に期待したいところです。




それにしても、NETFLIXの
オリジナルコンテンツである

『リラックマとカオルさん』
がストップモーションアニメで

『ULTRAMAN』
がモーションキャプチャーを使用したCGアニメと、

地上波のテレビ放送ではなかなか
予算が確保しにくい映像作品であることを考えると
無料で視聴するのは、ちょっと忍びないですね。

今後も良質のコンテンツを
提供して欲しいという期待も込めて、

今のところ一か月間だけ有料の契約を
しようかと検討しています。


ULTRAMAN 1 (ヒーローズコミックス)
小学館クリエイティブ
2012-09-05
清水 栄一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト