ドラマ『アオイホノオ』の感想(第五話)

第五話 嗚呼、東京



原作:島本和彦
脚本:福田雄一
監督:福田雄一
2014年8月16日放送


※放送は終了しています


-プロローグ(耳コピなので一字一句合ってないかもです)-

庵野ヒデアキのペーパーアニメに
衝撃を受けたモユルはアニメーターを諦め
漫画家を目指すことを決意。

そこで友人のきっちゃんと夏休みに上京し
出版社への持ち込みを試みる。

憧れの喫茶店での原稿を書きを経て
石森章太郎気分に浸り、すっかりプロになった
つもりで、東京の夜景を眺めるのだった。





-グッと来たセリフ①-

「~嘘だ、もう一回最初からちゃんと読んでくれ!

どれだけ掛かって、どれだけの想いで、
この32ページを描いたと思ってるんだ!

女の子なんてどうでもいいんですよ!
ギャグですよ! ギャグ!(焔モユル)」




-グッと来たセリフ②-

「~作品を観るときは、何と同じとか、何と似てるとか、
そんな余計な事考えるべきじゃないんだ。

そんなことをしているから、こんなに素晴らしい
映画の本質を見抜けなかった(焔モユル)」




-劇中登場した漫画・特撮・アニメなど
(個人的な独断と偏見で劇中に判明した物のみ触れてます)-

『ゴルゴ13』
(コピー原稿が小学館の編集部の机に置いてある)

『すすめ!!パイレーツ』
(ジャンプ編集部のMADホーリィが原稿の仕上がりを待っている)

『ロッキー』
『ロッキー2』
(モユルときっちゃんが持ち込みの後に観ている)

『ウルトラマン』
(赤井の部屋で庵野が巨大感を出しながら倒れる)








-感想-

今回、物語冒頭にモユルが、原稿料で第2話で
矢野ケンタローと対峙した際のバイクを買いたいという
話を“みゆき”にしてたりするんですけど、

事前に最終回を既に観ていると、
結構この辺のエピソードは重要な要素が
含まれているように思えてならないですね。




グッと来たセリフ①なんんですけど、
私は持ち込みはしたことはありませんが、

こちらの意図が読み手に伝わらない
悔しさや歯がゆさのようなものは
よくわかりますね。

そして、わかる人にはわかって
もらえるという嬉しさや喜びも。

結局自分の実力不足ゆえのことなんですけど
今回のグッと来たセリフ①と②はその辺のことが
対になって表されているようにも感じます。




それにしても、今回原作の掲載誌を出版している
小学館が何度となく登場するんですが、

小学館にせよサンデーにせよ、
ここまでボロクソに言われるのは
一つのギャグなんでしょうか?!

反面、集英社の方は、横山とMADホーリーを比較すると
多少滑稽に描かれてはいますけれど、ちょっぴり
持ち上げられているように見受けられるのですが

やっぱりフィクションとはいえ実話をベースとして
いることもありますし、おそらくは許可を得て名前を
出しているであろうと考えられるので、

その返礼の意味合いもあるのかもしれませんね。

まぁ、でも、MADホーリーの元になった人は
集英社を辞めてしまったようですけど。


北斗の拳REVOLUTION ケンシロウ Series No. 001
海洋堂
2008-09-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北斗の拳REVOLUTION ケンシロウ Series No. 001 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


アオイホノオ DVD BOX(5枚組)
東宝
2014-11-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アオイホノオ DVD BOX(5枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル