これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『逆境ナイン』の感想

<<   作成日時 : 2018/07/26 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原作:島本和彦
脚本:福田雄一
監督:羽住英一郎
2005年7月2日公開








-感想-

ドラマ『アオイホノオ』の全話視聴の勢いで、
原作者や脚本などが同じことからレンタル
DVDで鑑賞してみたのですが、、、

例によって原作は未読で、あくまで
映画としての感想なんですけど、

うーん、なんというか、女の子(堀北真希さん)が
かわいかったですね。

他には、音楽(ウォーターボーイズと同じ人)が
良かったかな……。

と、気が付けばドラマ『アオイホノオ』での
サンデー編集者の横山と似たような所感を
持ってしまう私。

同ドラマでは、MADホーリィというジャンプの
編集者も登場しましたが、彼の

「こんな熱血をからかうようなギャグは駄目だ」
というセリフの意味が、ちょっと
分かったような気がしますね。




厳密には“からかう”とは
若干ニュアンスが違うんですけど、

同じように熱血とギャグを絡めている
『キン肉マン』
なんかと比較するとわかりやすいと思うんですが、

キン肉マンのここぞという時(逆境下)の力の源である
“火事場のクソ力”がそれなりの説得力をもつ
パワーなのに対して、

本作はその辺が弱くて、屁理屈というか、奇抜という域を
脱しておらず、観客を置いてけぼりにして空回り
気味になっているように感じました。

まぁ、ひょっとしたらそこがギャグとしての
笑い処だったのかもしれませんが、いずれにせよ
ちょっと弱いように思います。

これがドラマ『アオイホノオ』であれば、
実在する人物や実話をベースとした裏付けが
あって楽しめたんですけどね。

本作の主人公である不屈闘志は、
殆どドラマの焔モユルと一緒でありながら、

イマイチその“熱気”に乗り切れなかったのは
この辺に原因があるように思います。




また、これだけハチャメチャな内容なのに
EDが岡村孝子さんの『夢をあきらめないで』というのも
ちょっと合わないような気がしますね。

ここで急にスカッと爽やかなものを流されても、
といった感じて、どちらかと言えばもっと暑苦しくて
パワフルな曲調の方が良かったように思いますね。

原作から映画化するにあったて様々な点が
変更になったようなんですが、ひょっとしたら

その辺が色々かみ合わなかったの
かもしれません。


逆境ナイン かけがえのない通常版 [DVD]
バップ
2006-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 逆境ナイン かけがえのない通常版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
映画『逆境ナイン』の感想 これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる