松田優作の『探偵物語』を全話語ってみたい!(第24話)

第24話 ダイヤモンド・パニック



脚本:宮田雪 大和屋竺
監督:小澤啓一
1980年3月11日放送




-グッと来たセリフ(耳コピなので一字一句正確ではないかもです)-

「ゴリッ! 殿下ッ! ロッキーッ! 出動だ! 
行けーッ!(工藤俊作)」






-あらすじ-

関東桜会を名乗る“当り屋”に絡まれた工藤は、
その場を何とかやり過ごしたものの、後になって
事務所を突き止められて拉致されてしまう。

待ち受けていた桜会の連中は
慰謝料代わりに指を詰めるか二十万円で
依頼を受けるか工藤に迫る。

彼らは関西のシンジゲートと抗争を起こしてしまい、
あるダイヤ引き渡すことでシンジゲートと
手打ちする算段だったのだが、

身内の何者かによってそのダイヤを
奪われたのだという。








-感想-

前回がシリアスなハードボイルド調だったのに対し、
今回は一転して基幹となるべき筋も
スラップスティク調になっていて、

結局、ダイヤを盗んだ犯人も何の目的で
盗んだのか明かされないまま物語は
終わってしまうばかりか、

関東桜会自体が、(おそらくは)壊滅して
しまうという、殆どギャグ漫画のようなノリが終始
支配的な物語になっていたように思います。

まぁ、でも、そのお陰でイレズミ者パートⅡが
ググっと存在感を増しているのですけど、

その辺はきっと最終回への布石にも
なっているようにも思います。





あと、今回工藤がクルマを運転するシーンを
よく見ると、どうも止まっているクルマを動いている
ように見せかけている節を感じたのですが、

ひょっとして、優作さんはバイクの免許は
持っていても、クルマの免許は持っていなかった、
なんてことがあったりするのでしょうか……?


太陽にほえろ!全曲集
ポリドール
1990-12-05
井上堯之バンド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 太陽にほえろ!全曲集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


松田優作DVDマガジン (12) 2015年 11/10 号
講談社
2015-10-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 松田優作DVDマガジン (12) 2015年 11/10 号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


-次回予告(耳コピなので一字一句正確ではないかもです)-

探偵物語、余すところあと三本、
次回、全国コンサートツアーのレッスンとレコーデングのため、
ワタクシ、ちょっとしか出ません。スイマセン。

その代わりといってはナンですが、
松本刑事こと山西道弘が、ワタクシの分
まで大活躍をします。

前回に引き続き新人の活躍は実に
気持ちのいいものです。



上司服部刑事の殺人の濡れ衣を晴らさんと
松本刑事の必死の捜査活動が、

次回、“ポリス番外地”の見ものなのであります。

山西みっちゃんは昔からの
芝居仲間でありまして、この探偵物語を機に、
今後一層の活躍を期待するところであります。

皆さん、山西道弘にご声援を。