ドラマ『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』の感想(第4話)

第4話 恋の合図はXYZの巻



脚本:根本ノンジ
監督:今泉力哉
2018年2月2日深夜放送




-グッと来たセリフ-

「美樹さん、単なる酒好きかと思ってたけど、
色々あるみたいで(月山浩史)」

「当たり前です、誰だって、人に言えない
過去の一つや二つあります。

ただそれを抱えながら、みんな
毎日歯を食いしばって生きているんです。
(水川康介)」





-あらすじ-

木暮美樹はパーティーで知り合ったという
国際弁護士のジョン山下からのアプローチを
受けて舞い上がっていた。

一方、痔に悩まされている月山は、
同じ病に苦しむ大嵐課長の勧めで肛門科の
病院を紹介され、診察を受けると

そこには美樹の姿があった。








-感想-

今回や、『Dr.スランプ』の則巻アラレや
『ドラゴンボール』のブルマの
コスプレなどをしている

木暮美樹にスポットが当てられた
話だったのですが、

なぜかベースとなっている作品は
『シティーハンター』になっていました。

『シティーハンター』というと、
色々物議を醸しだしたパラレル的内容の

『エンジェルハート』という作品を含めて
色々あったようなんですけど、

取りあえず『シティ~』の方の版権はまだ
集英社に残ってるんでしょうかね。




それはともかく、『シティーハンター』を
読んだことのある人であれば、

今回メインに据えられた木暮“美樹”という
名前から話の展開が想像できたかもしれませんね。

おそらくは、北条司先生の作品が好きでありながら
木暮美樹がアラレやブルマなどのかわいらしい
キャラクターのコスプレをするのは、

完璧を求めて押さえつけていた“少女性”
みたいなものの発露なのかもしれません。

そして、彼女に替わって北条作品の
『キャッツアイ』の三姉妹のコスプレを
していた方々なのですが、

そっち系女優の明日花キララさんが
瞳にあたる“瞳美”を演じていたのは
わかるんですけど、

三姉妹の末っ子である愛にあたる“愛香”を
演じていたのが牧野ステテコさんだったのは
やっぱり三段オチってことでいいんでしょうかねぇ




あと、今更ながら本作の登場人物の
名前で気が付いたんですが、

・月山浩史
・火村智子
・水川康介
・木暮美樹
・金城真治
・土田跳躍

と、並べてみると曜日になっているようで、
ひょっとしたら、日曜日に当たる人が

まだ見当たらないところに物語のカギが
隠されてるんでしょうか。


キャッツ・アイ (第18巻) (ジャンプ・コミックス)
集英社
北条 司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャッツ・アイ (第18巻) (ジャンプ・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0