『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』を全話語ってみる(第19話)

第19話 相対の連鎖 CHAIN REACTION (individual episodes)



脚本:神山健治
演出:布施木一喜
絵コンテ:布施木一喜
作画監督:新野量太




-グッと来たセリフ-

「少佐、どうなってるんだ、こんな
ザマ初めてだぜっ! 

クゼはいねぇっ! ただの武装難民の待ち伏せで、
新人一人を死なしちまったんだぞっ!(バトー)」




-あらすじ-

長崎県出島にある招慰難民居住区の
難民が“自治区”を宣言し、事態は
深刻の一途を辿っていたが、

その動きを抑えるため、公安9課は
帰国した素子とバトーを含め、

難民たちの実質的な指導者である
クゼ・ヒデオの身柄を確保するため
現地へ飛ぶことになった。

荒巻はクゼの逮捕を足掛かりに
内閣情報庁の謀略へと繋ぐ狙いがあったが

クゼの電脳にダイブしようとした
素子に異変が起きた。








-感想-

今回は、おそらくは初めてであろう
素子が失敗を犯す話で、

人並み外れた能力が発揮できないと
単なる嫌な女になってしまうのが、

なかなか主人公としては難しい
立ち位置なのかなぁ、と。

とはいえ、本筋ではそのようには
描かれていませんけど。




それと、2017年現在では随分昔のことに
なってしまうのですが、今回登場した工作船は、

かつて海上保安庁が対峙した不審船を
かなり意識した者みたいですね。

ネット情報によると、この辺はストーリーコンセプト
として参加した押井守監督の指示に
よるものらしいです。


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 10 [DVD]
バンダイビジュアル
2004-12-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 10 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



攻殻機動隊 Stand Alone Complex バトー&素子
やまと

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 Stand Alone Complex バトー&素子 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル