『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』を全話語ってみる(第24話)

第24話 出島、空爆 NUCLEAR POWER (individual episodes)



脚本:神山健治
演出:橘正紀
絵コンテ:橘正紀
作画監督:新野量太




-グッと来たセリフ-

「~難民とクゼ、政府と合田、
課長や少佐、そして俺たち……。

もっとも優秀なスタンドプレイを
演じられた者がこの事件の勝敗を
左右せしめるな(イシカワ)」




-あらすじ-

一部の武装難民が発砲してしまった為に
自衛軍との間で小競り合いが発生し、

出島に唯一繋がる橋が
難民たちの手によって破壊され、
落ちてしまった。

自衛軍上層部では様々な
思惑が入り乱れる中、

かつて暴走事故を起こした対戦車戦闘ヘリ、
ジガバチAVをAI制御による無人状態で
実戦に投入することになってしまう。

一方、官房長官である高倉に睨まれた
茅葺首相は有事に独断で国連査察団を
要請したことを盾に拘束され、

荒巻らも首相の執務室に軟禁されてしまった。








-感想-

今回は、一応アクションシーンも
あるにはありますが、タチコマに代表される
シーンが顕著なんですけど

状況をセリフで延々と説明する
会話劇の様相を呈したいたようにも
思いますね。

個人的には、そういうときこそ
ナレーションがあった方がいいように
思うんですけど、

ここで説明口調が入ると雰囲気的に
緊迫感が欠けてしまいそうな気もするので、
なかなか難しいところですね。





攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 12 [DVD]
バンダイビジュアル
2005-02-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 12 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル