これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全話語ってみる(第4話)

<<   作成日時 : 2017/03/07 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第4話 視覚素子は笑う INTERCEPTER (complex episodes)



脚本:菅正太郎
演出:山本秀世
絵コンテ:神山健治
作画監督:山口賢一・後藤隆幸・玄馬宣彦




-グッと来たセリフ-

「〜ただ一つ、意見の一致を
見ているのは犯人が特A級のハッカーという
ことだけだ(荒巻大輔)」

「特A級と言っても最初だけね。
その後のは結構凡庸だと思うけど(草薙素子)」




-あらすじ-

トグサは深夜に突然会いたいと連絡を取ってきた
本庁時代の同期だった山口という男を
待つうちに眠り込んでしまった。

彼が目を覚ますと、自動車事故により
警察官焼死という報道が新聞に報じられていた。

焼け死んだの山口だった。

山口は、六年前に発生した“笑い男事件”の特捜部に
所属していたが、本庁上層部に不審な動きを察知し、
トグサに相談を持ち掛けようとしていたという。








-感想-

第4話にしてようやく本筋ともいえる
“笑い男事件”関連のエピソードが始まったのですが

先に“〜The Laughing Man”の方を観ていると
既にこの時点でも色々と伏線が張られているんだなぁと。

とはいえ、それでも必ずしも面白みが
削がれる訳ではないと思います。

“笑い男事件”は、かつての三億円事件や
グリコ・森永事件をモチーフにしているようですが、

LINEやツイッターなど、顔の見えないSNSツールが
普及した現代において、今後起こりうる事件のようにも
感じられて変なリアリティを感じますね。

現に、有名人アカウントの“なりすまし”は
いくつも存在してましたしね。



それと、第2話からの流れでちょっと気になったのは、
義体化の進んでいるバトーが筋トレグッズを
購入していたことで、

単純に考えると各種パーツを強化すれば
いいように想像するのですが、

結局数値の向上ではなくて、気持ちの問題だとすれば
やはり“心の義体化”のようなことは
出来ないのかもしれませんね。


攻殻機動隊 S.A.C. 笑い男 ステッカー
コスパ
2008-09-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 S.A.C. 笑い男 ステッカー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 02 [DVD]
バンダイビジュアル
2003-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 02 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全話語ってみる(第4話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる