これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』を全話語ってみる(第3話)

<<   作成日時 : 2017/03/28 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第3話 土曜の夜と日曜の朝 CASH EYE (dividual episodes)



脚本:佐藤大
演出:布施木一喜
絵コンテ:西村純二
作画監督:新野量太




-グッと来たセリフ-

「しっかし、政財界の顔役共がっ、
嫁に隠れてダッチワイフの自慢パーティーとは
恐れ入るね(トグサ)」




-あらすじ-

茅葺首相の命によって公安9課は
元、経団連会長の田所ツトムの現金が
貯蔵された地下金庫を警護することとなった。

それは、“CASH EYE”を名乗るハッカー自らが
田所の所有するビルの警備システムを

たやすく突破されただけでなく“犯行予告状”を
残していくという跳梁を許したことも
あってのことなのだが、

所轄の警察に届け出なかったのは、
その“予告状”で狙われた地下金庫の
犯行日時に

政財界を招いた、ある秘匿性の高い
パーティーが行われるからだという。








-感想-

多分、私と同年代の方なら今回の
サブタイトルを目にして北条司原作の漫画

『キャッツ・アイ』
のパロディであると想像がつきそうなんですけど、

DVDの特典映像によると、洋画の
『オーシャンズ11』
を意識したらしいそうです。




それはともかく、シリーズ構成というか
一連の各話の物語の流れがなかなか巧みで、

前回の鬱屈した日常を暴力的な妄想と
貧しい性欲の発露で発散しようとして
失敗する後の話がコレですからね。

自然に物語上の社会状況に
自然と不平や不満が沸いてくるような
構成になっているように思いますね。

前作とは違って、事前に『〜Individual Eleven』という
総集編を観ていないので、物語の全体像は
まだわからないのですけど、

おそらくは、今回のホンボシとなるべき
人物なり組織は、こうした政財界の様相とは
対照的な人なり組織なりになりそうな気がします。


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 02 [DVD]
バンダイビジュアル
2004-04-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 02 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』を全話語ってみる(第3話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる