これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』を全話語ってみる(第2話)

<<   作成日時 : 2017/03/27 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第2話 飽食の僕 NIGHT CRUISE (dividual episodes)



脚本:菅正太郎
演出:竹下健一
絵コンテ:安藤真裕
作画監督:清水ひろし




-グッと来たセリフ-

「クソーッ! 俺の腕が必要なくせに!
わざと忘れた振りしやがって! 
あのサディスト野郎!

こっちがちょっと遜ってやりゃぁ
つけ上がりやがってっ!

お前らなんぞ、俺の操縦一つで……!
(ギノ)」




-あらすじ-

ギノは、鬱屈した毎日を送っていた。

真実は彼のみぞ知る世界の中にただ一つ。

汚れきった社会に鉄槌を加えるべく、
来るべき12月25日、世界を再構築するため、
彼は世を忍び訓練を続けていた。








-感想-

今回の物語に登場する“ギノ”は、
DVDの特典映像による神山監督の
話によると、

その世界の
『時代を生きる、平均値としての男』
らしいんですが、

ギノは元傷痍軍人だったようなんですけど、
格差の進んだ現代における負け組側の
心理に近いものを感じたりもしますね。

結局、ちっぽけな自分を受け入れられない
自意識過剰な部分が誇大妄想につながりつつも、

それが決して現実になることは
ないというか、なんというか。

それはともかく、おそらくは今回の話は
シリーズの本筋に入るために必要な

世界観を説明するためのプロローグ的な
役目を担った話なのでしょう。




また、ギノの妄想の世界は、どうにも
『蘇る金狼』というか『野獣死すべし』
というか、

大藪春彦チックだったのが面白いですね。

鬱屈が募ると、暴力にせよ異性の慰みにせよ、
身の丈に合わないものを求めがちに
なるのかもしれませんね、

負け組に属するのであれば尚更に。





攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01 [DVD]
バンダイビジュアル
2004-03-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 01 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』を全話語ってみる(第2話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる