これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全話語ってみる(第21話)

<<   作成日時 : 2017/03/24 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第21話 置き去りの軌跡 ERASER (complex episodes)



脚本:佐藤大
演出:竹下健一
絵コンテ:河野利幸
作画監督:新野量太・玄馬宣彦(メカ)




-グッと来たセリフ-

「あいつ……こんなに正義感丸出しじゃ!
やられるに決まってるじゃないかっ!
(バトー)」




-あらすじ-

厚生省所管による麻取(麻薬取締官)の
強制介入班の暗躍によって重傷を負い、

村井ワクチンの使用者リストも
奪われたトグサだったが、

収容先の病院に駆け付けた
素子たちによって、事の経緯の刻まれた
“記憶”は回収されていた。

その“記憶”から持たらされた情報によって、
荒巻は、素子に村井ワクチンを医薬品としての
認可を否定しながら使用し続ける

元中央薬事審議委員会の理事長である
今来栖尚の捜査を命じ、

自らは厚生省が強制介入班を
動かすに至った詳細を追うこととしたが

トグサの“記憶”の感情面まで影響が
入ったバトーは、麻取への捜査から
外されたことに激高していた。







-感想-

今回は、バトーの男気が見られたり、
アクションシーンもふんだんに取り入れられていて
見どころの多い話なんですけど、

一つ、気になるのは、企業脅迫を行った
“笑い男”なんですけど、

今来栖とのやり取りを見ていると
単なる模倣犯ではなくて、その正体も授産施設にいた
“彼”は知っているような雰囲気でしたね。

この辺は『〜The Laughing Man』では
描かれていなかったように思うんですけど、
それともこの件は本筋とは関係ないんでしょうか。




そういえば、一般的な
解熱鎮痛剤であるアスピリンは、

その作用のメカニズムが解明されたのは
開発時よりかなり後になってからの
ようなんですけど、

『下町ロケット2』などでも何かと
審議する側が悪役に描かれていますが、

医薬品や医療器具を認定するというのは
なかなか難しい問題ですよね。


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 11 [DVD]
バンダイビジュアル
2003-10-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 11 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全話語ってみる(第21話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる