これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全話語ってみる(第20話)

<<   作成日時 : 2017/03/23 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第20話 消された薬 RE-VIEW (complex episodes)



脚本:佐藤大
演出:河野利幸
絵コンテ:松本淳
作画監督:浅野恭司




-グッと来たセリフ-

「ファイルをお任せします。
ここでの事は、明るみにしてください!

誰かが、ファイルに隠された
事実を語る必要がある!(ひまわりの会)」



「いや、それはあなた方の仕事です(トグサ)」

「あなたの方が脱出できる可能性が高い!
(ひまわりの会)」

「…………。(トグサ)」




-あらすじ-

トグサによる“授産施設”の内偵は失敗に
終わってしまったが、

図らずも厚生省に深度A以上の
最高機密がハッキングされた件に“笑い男”との
関連の線が浮かぶ形となった。

また、並行して行われた捜査によって
警視総監暗殺未遂事件の被疑者である

“ナナオ・A”に対する周囲の人物の記憶が
“作られた人物評”に上書きされていたことに
厚生省が関わっていた事実も判明した。

トグサは厚生省に“笑い男”事件に関する
公にできない“何か”が秘匿されているとみて

同省に本格的な操作を行うための切り口として、
授産施設で目にしたサリンジャーの小説

『ライ麦畑で捕まえて』
にある一節を思い出す。







-感想-

ここでまさかの薬事疑獄が
露呈されることになるのですが、

“電脳硬化症”という、電脳化が原因の疾患に
マイクロマシン療法という機械的な治療ではなく、

村井ワクチンのような従来の医療による
免疫療法の方に効果があるという設定も
興味深いですね。

そして今回のグッと来たセリフなんですが、
トグサとしては、その言葉通りにしたかったの
かもしれませんが、

表面上は存在しないことになっている
公安9課が、あらゆる意味を含めてそれを
行う訳には行かなかったのでしょう。

で、結果ああなってしまうのですが、この辺は
ひょっとしたら“中の人”を同じシーンに並ばせない為の
配慮もあったのかもしれませんね。


マルシン工業 ガスガン マテバM-M2007 攻殻機動隊トグサの銃
マルシン工業
2008-08-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マルシン工業 ガスガン マテバM-M2007 攻殻機動隊トグサの銃 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 10 [DVD]
バンダイビジュアル
2003-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 10 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全話語ってみる(第20話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる