これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全話語ってみる(第10話)

<<   作成日時 : 2017/03/13 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第10話 密林航路にうってつけの日 JUNGLE CRUISE (a stand alone episode)



脚本:佐藤大
演出:松本淳
絵コンテ:松本淳
作画監督:前田明寿




-グッと来たセリフ-

「お前、オレが撃つと思ったのか?

過去の汚名を晴らそうなんて陳腐な
正義感がよぎったがな、フンッ、変えられない
過去ならこのまま墓まで持ってくさ。

ここは奴のジャングルじゃない、オレたちの街だ、
そしてオレは、警察官だからな(バトー)」




-あらすじ-

生きたまま人間の皮膚を剥ぐという
猟奇殺人事件が立て続けに発生。

公安9課は外務省経由でCIAからこの事件の
被疑者を極秘裏に逮捕し無条件で引き渡しをするという
超法規的要請を受け、トグサは反発するが、

CIAより派遣された、ワタナベ・タナカ、
サトウ・スズキなる人物が自ら9課を訪れ、
要請は受けざるを得なくなってしまった。

トグサはバトーと組んで捜査を開始するが、
事あるごとにCIAの連中と衝突するバトーに、

彼は被疑者と何らかの接点が
あったのではないかと推察する。








-感想-

今回はバトーメインの話とも言えるのですが、
ちょっと説明不足な点が多いように思えて、

結局、バトーは自衛軍レンジャー部隊時代に
敵としてマルセロと対峙したのか、

あるいは、米帝の同盟国としてマルセロと共に
戦ったのか、その辺がハッキリせず、

味方だったのか敵だったのかで
物語の意味合いが変わってきてしまうような
気がするのですが、

少なくともバトー本人は何度か挿入される心象風景から
想像すると“サンセット計画”には関わっていないと
見るのが妥当なんじゃないでしょうか。




それにしても、今回は猟奇殺人事件ということで、
痛々しいシーンが多かったですね。

そういうのが苦手な方は、十分注意を払って
観るか、あるいは避けた方がいい
エピソードかもしれません。





攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 05 [DVD]
バンダイビジュアル
2003-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 05 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』全話語ってみる(第10話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる