『∀ガンダム』を全話語ってみる(第49話)

第49話 月光蝶



脚本:高山治郎
演出:池端隆史
絵コンテ:横山彰利・斧谷稔
作画監督:しんぼたくろう・中田栄治
2000年3月24日放送




-グッと来たセリフ①-

「…馬鹿野郎がっ!(ロラン・セアック)」




-グッと来たセリフ②-

「戦場でなぁ、女、女房の名前を呼ぶときというのはなぁ、
瀕死の兵隊が、甘ったれていうセリフなんだよ!
(ギム・ギンガナム)」




-あらすじ-

ギンガナムの勢力は
メリーベルがバンデットで戦列に加わり

対、ディアナ・カウンターとミリシャの連合軍との
戦いは熾烈を極めていた。

フィル少佐は∀をもっと効率よく使うべきだと
ヤコップやブルーノ達に命じるが、

それもそのはずで、ウィルゲムから
奪取した∀には本来の性能を発揮できる
ロランのコアファイターがドッキングしておらず、

仮設コクピットのままジョゼフが独占して
手放そうとしなかった。

ヤコップ達ではどうにもならないことから
ディアナの名を出してハリー大尉に状況を
報告すると、彼はある一計を案じる。

一方、∀を使えずに手をこまねいているのは
ロランも同じでジョゼフに直談判しに行くが
取っ組み合いの殴り合いに発展し、

話し合いは物別れに終わった。








-感想-

ジョゼフがロランに∀を返そうとしなかったのは、
最初、グエンの言葉をどこかしらで
真に受けていたからなのか、

あるいは、ムーンレィスに対する
差別意識なのかと思っていたんですけど、

おそらくは、フランに自分の子供が出来たので、
彼女の為にも早く戦いを終結させたいという思いと、
それを自分の手で、という功名心からなのかな、

なんて思います。

でも、子供が出来たのならフランの為にも
危険な最前線に出る事なんてないですよね。

今回のグッと来たセリフ①は
ロランのそんな思いから出たもの
なんじゃないかと思います。

ちなみに、このセリフ、
個人的に『Z』の

「まだだ! まだ終わらんよっ!」
と同じくらい日常で使ってたりするセリフ
だったりするんですが、

どんな場面で使っているかは
内緒、ということで?!




いよいよ次回は最終回なんですが、
今までのシリーズと比較すると

何というか、それに向けて物語が
集約されているといった印象に欠けている
ようにも思うんですが、

それは最終回で物語全体を通しての
謎が明かされたりとか、意外な顛末を迎えるとか

そういった展開や構成にはなってないからの
ような気もしますね。

『∀の癒し』に従えば、こういったことが
本来の意味での“直球”、ガンダムとしては
“変化球”ということなんでしょうかね。


∀ガンダム 13 [DVD]
バンダイビジュアル
2000-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ∀ガンダム 13 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


-次回予告-

ディアナ様が、ソレイユで防御の陣を引くが、
月光蝶の光は黒歴史の再現をしようとした。

ギム・ギンガナムの戦の執念を止めるために、
ターンタイプの使い方があるはずだ!

僕は、心を決めた。

次回、∀ガンダム、“黄金の秋”

風は、またそよぐ――――




MG 1/100 Concept-X6-1-2 ターンエックス (ターンエーガンダム)
バンダイ
2014-06-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by MG 1/100 Concept-X6-1-2 ターンエックス (ターンエーガンダム) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル