『∀ガンダム』を全話語ってみる(第42話)

第42話 ターンX起動



脚本:浅川美也
演出:南康宏
絵コンテ:奥田誠治
作画監督:しんぼたくろう・中田栄治
2000年2月4日放送




-グッと来たセリフ①-

「その一発の銃声で、私たち諸共、城諸共、
心中でございますよ(リリ・ボルジャーノ)」


「ムーンレィスにも闘争本能に火が
点いてしまったのですから、遅かれ早かれ、
月の文明は破壊されましょう。

…すべて私の罪です(ディアナ・ソレル)」


「フン、地球の娘が知った風なことを…!
(ミーム・ミドガルド)」




-グッと来たセリフ②-

「ターンXったって、Xに変わりが
ないじゃないですか(フラン・ドール)」




-グッと来たセリフ③-

「小娘が何を言う!
地球帰還作戦が始まってから、心穏やかであった
ムーンレィスに闘争本能が芽生えて、

古代の人類に戻ってしまったのだ!
(アグリッパ・メンテナー)」


「闘争本能を目覚めさせた……。
(ディアナ・ソレル)」


「あの作戦以来、ディアナ閣下の行くところには
必ず戦いが起こる。月を滅びの道へ誘われたのです。
(アグリッパ・メンテナー)」


「戦いを収めようとしているのですよ!
(ディアナ・ソレル)」


「それが裏目裏目へと出る。
今回の女王の目覚めは運に見放されている。」


「! 運に?!(ディアナ・ソレル)」


「悪い運に乗っているのでなければ、
地球の人々までが女王の扇動に乗ることなど
無かったでしょう(アグリッパ・メンテナー)」




-グッと来たセリフ④-

「…わたくしは、今度の地球帰りで死にたかったのです。
年を取り、死ぬ人生だからこそ、生の喜びがある。

その喜びを、一人でも多くのムーンレィスに
知らせたかった。

わたくしのエゴだったのでしょうか?
(ディアナ・ソレル)」


「いいえ、エゴではありませんよ。
(キエル・ハイム)」


「平和を願っているつもりが、
いつの間にか闘いを呼んでます。

わたくしは、もはや死ぬべき時が来ているのでしょう。
(ディアナ・ソレル)」




-あらすじ-

グエン、リリ、キエルに扮したディアナ
三人を人質に∀の引き渡しを要求するスエッソンの
間にミドガルドが介入したことにより、

事態は混迷を極めてきた。

ミハエル大佐はスエッソンに対して
“徹底抗戦”という誇大宣言で彼らを牽制しようとするが、
ロランはそれを真に受け反発する。

アグリッパは大佐の言葉に本気ではないと見て
ミリシャを刺激しないようマヒロー隊の撤退を
ギンガナム要求するが、

彼は∀の脅威を主張して話は平行線を
辿る一方だった。

そんな時、双方の均衡を破ってスエッソンが
∀に格闘戦を仕掛けてきた。

事態の収拾を図るギンガナムは、
月のマウンテンサイクルで整備中の
ターンX起動を命じる。

一方、ギンガナムの艦艇から脱出した
ハリーとキエルは、ウィルゲムとは別のルートで
白の宮殿へと潜入していた。








-感想-

今回は終盤のエピソードに向けての
要となりそうな話だったので

“グッと来たセリフ”を大量に
取り上げてしまい、感想は控えめにして
おこうかと思うんですけど、

まず、グッと来たセリフ②は、全称記号を
示す記号であり、ガンダムを否定して肯定する
『∀』の世界観に相対する敵として、

文字をターンさせても変われない
同じ文字のままという否定的な意味合が
込められているんじゃないですかね。




グッと来たセリフ③は、
アグリッパの声を当てているのが

ロボットアニメの元祖である
『マジンガーZ』
の主役、兜甲児であることを考えると、

直接的な作品の繋がりは無いのですが、
平和を求めた甲児が思案を巡らせた末に

アグリッパのような考えに至ったようにも
受け取れて、印象深いですね。

あの、血気盛んで闘争本能丸出しの
兜甲児だっただけに。




そして、グッと来たセリフ④で
ディアナの地球帰還作戦の本当の
意味を知ることになるのですが、

生と死という、相反する要素が
実は一本の線で繋がっているという、

これもある意味
『伝説巨神イデオン』
でいう、悲しいけれど

“逃れられない業”なのかもしれませんね。


ROBOT魂[SIDE MS] ターンX
バンダイ
2009-02-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ROBOT魂[SIDE MS] ターンX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


-次回予告-

兄弟だという∀とターンXは、互いに共鳴し合い、
黒い歴史のデータを吐き出した。

更にディアナ様は、宇宙時代の記録と同時に
人類の地球文明を埋葬したという、月光蝶の
映像を探り当てていた。

次回、∀ガンダム、“衝撃の黒歴史”

風が記録を呼んだ

∀ガンダム 11 [DVD]
バンダイビジュアル
2000-10-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ∀ガンダム 11 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル