これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜』の感想(第5話)

<<   作成日時 : 2018/02/10 08:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第5話 ボールはともだちの巻



脚本:粟島瑞丸
監督:今泉力哉
2018年2月9日深夜放送




-グッと来たセリフ-

「〜作者の高橋陽一先生が、
石崎了を絶対に日本代表から外さない理由って、
知ってます?(高原結衣 )」

「知らなーい(木暮美樹)」

「天才じゃないからだ(水川康介)」




-あらすじ-

月山は大嵐課長から再度、冥王ボトラーズの
黒塚に奪われた得意先を奪還するよう檄を
飛ばされるが、思うようにいかない。

そんな時、秘密クラブのマスターより
助けを求める連絡が入る。

慌てて店に駆け付けると、
そこにいたのは一人の子供。

彼は、マスターに“必殺技”の披露を要求し、
従わなければ、クラブの存在を公に
すると脅迫してきた。








-感想-

今回は、主な登場人物のエピソードなどが
特に掘り下げられるわけではなく、

おそらくはこの話限定のゲストによる
『キャプテン翼』をベースとした物語が
展開されたのであろうと想像するのですが、

これぞジャンプ的とでもいうべき、
『努力』、『友情、『勝利』を地で行くような
物語が展開されましたね。




『キャプテン翼』というと、色々な面で
功罪両面のある作品のように思うのですけど、

もちろん、今回は“功”の方に
スポットが当てられた話になっていました。

一応、個人的にはどストライクの世代にあたる
私ではあるんですけど、

スポーツがあまり得意ではないせいか
そんなに影響は受けてなかったりします。

強いて言えば、当時テレビ東京で
アニメ化された際の主題歌を未だに憶えている
というところでしょうか。

そういえば、まだまだサッカーがメジャーでない
あの時代に初めてアニメ化されたのが

“テレビ東京”だったということを考えると、
やっぱり当時から他局にはない独特のセンスが
テレ東にはあったんでしょうね。


キャプテン翼 (第1巻) (ジャンプ・コミックス)
集英社
高橋 陽一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャプテン翼 (第1巻) (ジャンプ・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ドラマ『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜』の感想(第5話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる