これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜』の感想(第1話)

<<   作成日時 : 2018/01/13 20:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第1話 へのつっぱりはいらんですよの巻



脚本:根本ノンジ
監督:三木康一郎
2018年1月12日深夜放送




-グッと来たセリフ-

「おまえらっ!

――――今の内夢見とけ、ヒーローなんて、
なれる訳ないんだから……(月山浩史)」




-あらすじ-

月山浩史は太陽ドリンコに営業課に勤める、
うだつの上がらないサラリーマン。

理不尽な上司のいびりに耐え続ける
後輩のの女の子のことを気に掛けながらも、
何もできないでいるだけだった。

そんな黄昏時のとある公園にて、
月山は奇妙な初老の男性と出会う。

男性は、街の裏通りにひっそりとたたずむ
怪しいクラブへと誘い込んだ。








-感想-

なんとなーく、タイトルや番宣などから想像するに、
かつて同時間帯で放送された島本和彦原作のドラマ

『アオイホノオ』


のジャンプ版みたいなのかなぁ、と思いながら観始めたのですが、

こちらはあくまでも、“みたいなモノ”であって、
決してマネや同じモノではなく、切り口は異なっていて
独自性を感じましたね。

ただ、根底に流れている“熱いモノ”は同じで、
むしろこれは同じであって欲しかっただけに
嬉しかったですね。



『アオイホノオ』と同様にドキュメンタリーではなく
虚実入混じりのコメディではあるんですが、

時折現代を生きる、かつて少年だったジャンプ読者に
向けられたのであろうセリフは胸に突き刺さってきますね。

そのひとつが、今回取り上げた“グッと来たセリフ”では
あるのですが、物語の方向性はおそらく、いや、きっと、

“そうじゃないよ”という着地点に向かうであろう
期待を持たせてくれます。

ネタバレを避けるため、詳細は省きますが、
今回のヤマ場には思わず

「夜中にオッサンを泣かすなよ…」

と、目頭が熱くなりました。




本作の監督は、こちらも同時間帯でかつて放送された
色んな意味で個性の際立った

『宇宙犬作戦』


の三木康一郎監督なので、
私の期待を裏切るものにはならないでしょう。
次回が楽しみです。

それにしても『宇宙犬作戦』も、もう八年前に
放送されたドラマになるんですね。

いやはや、光陰矢の如しというべきか、、、
そりゃ、アタシも年を取る訳だ。




余談ですが、今回は、サブタイトルからして
『キン肉マン』が大きくフィーチャー
されていましたが、

果たして私の好きな『ウイングマン』が
取り上げられる日はくるんでしょうかっ?!

深夜ということを踏まえると、
いちばんコスプレ向きのキャラクターだと思うんですけどねぇ、
ウイングガールズとかも含めて。

その辺も楽しみにしてたりします。


キン肉マン 1 (ジャンプコミックス)
集英社
ゆでたまご

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キン肉マン 1 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ドラマ『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜』の感想(第1話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる