これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『戦闘メカ ザブングル』を全話語ってみる(第21話)

<<   作成日時 : 2017/11/13 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第21話 惚れて、惚れられて



脚本:吉川惣司
演出:菊池一仁
絵コンテ:斧谷稔
作画監督:坂本三郎
1982年7月3日放送




-プロローグ(耳コピなので一字一句正確ではないかもしれません)-

あらゆる支配を、イノセントという特権階級に
抑えられている惑星ゾラ。

しかし人々は、それを何の不思議もなく受け止めていた。

ラグ・ウラロが、アイアン・ギアーを飛び出して
初めて出逢った優しい大男、アコン・アカグ。

しかし、アコンは、ホーラの雇われブレーカー。

アイアン・ギアーを打ち倒し、いつかホーラを
出し抜くと、頑張るアコンの男伊達。

ラグはぞっこん参りますが、頑張る相手が
アイアン・ギアーのエルチにジロン。

穏やかならぬラグですが、純情アコンに
心も縮み乱れたままで、新たな一夜が始まりマス。




-登場ウォーカーマシン-

・ザブングルタイプ
・ガラバゴスタイプ
・ダッガータイプ
・プロメウスタイプ
・ダッガータイプ
・ギャロップタイプ




-グッと来たセリフ-

「……みんな…私のことなんか忘れてるんだ…(ラグ)」



-あらすじ-

ラグが敵ランドシップ内に
居たような気がしてならないジロンは、

ブルメらを連れ立って夜半過ぎに
そのランドシップに忍び込む。

そこで彼らはラグと再会を果たすのだが、
彼女はここが気に入ったとして、アイアン・ギアーに
帰ろうとはしなかった。

ホーラは、そんなラグを利用して
ザブングルを盗難し、キャリングと旧知の
仲であるカラス一家を襲わせることで

仲違いを起こさせることを画策する。








-感想-

結局、ラグが惚れたアコンは
ジロン程の男じゃなかった、という話では
あるんですけど、

ここでアコンとラグがアイアン・ギアーにつけば、
ジロンと兜甲児(の中の人)とのの共闘が観られた
だけに、残念と言えば残念ですね。

まぁ、でも、“伊達男”と称する割には
どこかあかぬけなくて、

いずれはジロンに敗れていきそうな
気はしますけど。




それにしても、アコンが死んだ直後に、
ラグはどうしてジロンが助けに来たと
思い込んだんでしょうね。

いやはや、この辺はエルチよりも複雑で
女心はよくわかりません。


戦闘メカ ザブングル 1/144 ダッカータイプ
バンダイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦闘メカ ザブングル 1/144 ダッカータイプ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





-次回予告(耳コピなので一字一句正確ではないかもしれません)-

アイナン・ギアーに戻らんのは、
アコンを亡くした悲しみか、女の性か、ラグ・ウラロ。

挙句の果ての裏切りは、キッド・ホーラに寝返って、
ジロン相手の大健闘。

谷の狭間の銃火の中で、
エルチの起こすヒステリー。

女の恨みはそら怖い。

次回、戦闘メカ、ザ、ブングル、
“破れかぶれのラグ”

さて!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『戦闘メカ ザブングル』を全話語ってみる(第21話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる