これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スペースコブラ』を全話語ってみる(第16話)

<<   作成日時 : 2017/06/22 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第16話 地獄へ!ラグボール



脚本:山崎晴哉
演出:大賀俊二
作画監督:杉野昭夫・大塚伸治
1983年1月20日放送




-グッと来たセリフ@-

「まっ、たまには男どもと遊んでみるのもいいか!
へぇ〜えっ! カワイコちゃんの頼みでもあるしね!
(コブラ)」




-グッと来たセリフA-

「〜それにしてもよ、あんたの腕はどうなってんだ?!
(ロン・クラーク)」

「鍛え方が違うんだぜっ、これがホントの
筋金入りっていうのさ!(コブラ)」




-あらすじ-

コブラのこれまでの海賊行為の無罪放免と
200万クレジットの報奨金と引き換えに

銀河パトロールのドミニクから直々に
依頼されたのは、

“ラグボール”と呼ばれる人気と危険性の
高い球技の選手になることだった。

この球技はギルドの資金源の一つになっており、
レッドサクソンズというチームはギルドの
麻薬売買と深い繋がりがあるという。








-感想-

後の世で東映動画制作による
『剛Q超児イッキマン』
が放送された際に、

元ネタは今回から始まる
“ラグボール編”なのかなぁ、なんて
思ったりもしたのですが、

イッキマンはイッキマンで作品ならではの
いいところもあるんですけど、

比較してしまうとコブラの方に軍配が
あがってしまうのは、やっぱりキャラクターの
魅力の差によるところが大きいのではないかと。




コブラは、今回登場したレッドサクソンズの
因縁を吹っかけてきた選手たちのの殆どを
ボコボコにしてしまうんですけど、

唯一詫びを入れてきた鳥型宇宙人(ロン)の
二軍選手には一緒に酒を酌み交わして
笑いあったりしたりして、

そのシーンから思わず、

合気道(だったと思う…)の極意とは、
自分を殺しに来た刺客と友達になることだ
という言葉が浮かんできてしまったりで、

この辺の男気の描き方が実にうまいんですよね。

ともかく、強すぎるコブラの痛快振りが
“憎いアンチキショー”といった感じで
たまりませんでした。


スペースコブラ・コンプリート・サウンドトラック
コロムビアミュージックエンタテインメント
2004-04-21
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スペースコブラ・コンプリート・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スペースアドベンチャー コブラ VOL.4 [DVD]
デジタルサイト
2000-11-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スペースアドベンチャー コブラ VOL.4 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『スペースコブラ』を全話語ってみる(第16話)  これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる