これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スペースコブラ』を全話語ってみる(第8話)

<<   作成日時 : 2017/05/17 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第8話 激闘!コブラ対ボーイ



脚本:三木孝祐
演出:小鹿英吉
作画監督:杉野昭夫・大塚伸治
1982年11月25日放送




-グッと来たセリフ@-

「腹を見せて引っ繰り返るとは、
カエルでもあそこまで上手くは行かないぜ。

(中略)

ケンカを買いに来たオレには
ウォーミングアップは無しだぜ(コブラ)」




-グッと来たセリフA-

「すげぇショルダーアタックだ…。
あんた殺し屋なんか辞めてスーパーボウルに
でも出たら?(コブラ)」




-グッと来たセリフB-

「くっ…! 安っぽい手品なんか使いやがって!
そんなんじゃお昼のワイドショーにでも
出られやしないぜ!

自分の体を使って自分の姿を
反射投影してるだけじゃないか!

いくぜクリスタル・ボーイさんよっ!(コブラ)」




-グッと来たセリフC-

「こんな手で悪かったなぁ。
切り札は最後まで見せないもんだぜ(コブラ)」






-あらすじ-

殺されたジェーンの仇を討つためコブラは、
逃亡を装ってクリスタル・ボーイの親衛隊を
自らに引き付け、その戦力を削ぎ、

単身クリスタル・ボーイの
本拠地へと乗り込んだ。

コブラはボーイを追い詰めつつ、
なぜギルドのような大組織からすれば
割に合わないネルソンの秘宝を

執拗に付け狙うのか問い質したが、
ボーイには答えをはぐらかされた上に
隙を突かれ逃走を許してしまう。








-感想-

今回はジェーンを殺した
クリスタル・ボーイに対するコブラの
弔い合戦だったとも言えるのですが、

とはいえ、怒りを露にして暴れるという訳でもなく、
いつものように軽口を叩きながらあくまで
“粋”に振る舞うっていうのは

いかにもコブラらしくてシビレまくりなのですが、

それに付き合うクリスタル・ボーイも
さすがライバルだけあって敵ながらなかなかの
器量の持ち主のようですね。



そして、今回はサイコガンに加えて
コブラの愛用の武器であるパイソン77マグナムが
火を噴いたのですが、

“77”というと、77口径ということなんでしょうか?

この銃が実在するものなのかどうかは
わからないのですが、

もし実在するとしたら、並の人間だったら
発射の反動で腕が吹き飛ぶんじゃないでしょうか。

まぁ、いかにもコブラの持つ銃らしいと言えば
実に“らしい”とは思うのですけど。





スペースアドベンチャー コブラ VOL.2 [DVD]
デジタルサイト
2000-10-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スペースアドベンチャー コブラ VOL.2 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『スペースコブラ』を全話語ってみる(第8話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる