これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スペースコブラ』を全話語ってみる(第5話)

<<   作成日時 : 2017/04/15 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第5話 謎! 強敵スナイパーは?



脚本:三木孝祐
演出:大賀俊二
絵コンテ:松島ゆうじ
作画監督:杉野昭夫・大塚伸治
1982年11月4日放送




-グッと来たセリフ@-

「ならず者たちはオレを毒蛇と呼び、
銀河パトロールの連中は犯罪者330号という。
そして……!!(コブラ)」




-グッと来たセリフA-

「ねぇ、こういう場合学校ではなんて
教えてるの?(コブラ)」

「君子危うきに近寄らず(キャサリン)」

「なーるほどぉ…。
それじゃついでにもう一つ生徒に
教えといた方がいいな(コブラ)」

「なに?(キャサリン)」

「逃げるが勝ちってね!(コブラ)」




-あらすじ-

キャサリンを連れてシド刑務所を脱出したコブラは、
一路アーマロイド・レディの待つタートル号へ急ぐ間に
夜が明け、朝日が顔を覗かせていた。

だが、休むも間もなくクリスタル・ボーイが
呼び寄せた植物系宇宙人ターベージの
手によるスナイパーが彼らに迫る。

コブラはキャサリンを守るため
自分が囮になって一時別行動を取るが、

この時にはまだ彼らに迫るスナイパーの
正体は知る由もなかった。







-感想-

もうかれこれ初オン・エアから
30年近く経っていることを考えると、

さすがに登場する一部のメカなどに
時代を感じずにはいられないのですが、

それ以外にも世界観やキャラクター造形で
ちょっと気になったところがあるのですが、

脱出したコブラがレディと何の連絡も
取ろうとしてないのは、

やはり当時携帯電話か無かったからなのかなぁ、と。
通信デバイスを持ち歩くという発想自体が
まだ珍しかったんでしょうね。

もちろん、物語の展開上そうしたんでしょうけど、

多分、今の感覚であればスマホ的なもので
通信手段を確保するような描写が
されるのではないでしょうか。

だからといって違和感を覚える訳では決してなくて、
一匹狼というキャラクター性を考慮すればいかにも
“らしい”行動ともいえるような気がします。


スペースアドベンチャー コブラ VOL.2 [DVD]
デジタルサイト
2000-10-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スペースアドベンチャー コブラ VOL.2 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



TOYS ROCKA!(トイズロッカ!) コブラ ノンスケール PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア
ユニオンクリエイティブ
2016-06-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TOYS ROCKA!(トイズロッカ!) コブラ ノンスケール PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『スペースコブラ』を全話語ってみる(第5話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる