これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スペースコブラ』を全話語ってみる(第4話)

<<   作成日時 : 2017/04/13 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第4話 脱走!! シド刑務所



脚本:三木孝祐
演出:大賀俊二
絵コンテ:さきまくら
作画監督:杉野昭夫・大塚伸治
1982年10月28日放送




-グッと来たセリフ@-

「そうかな? それは並の人間の場合だ。
奴がコブラだということを忘れるな。
(クリスタル・ボーイ)」




-グッと来たセリフA-

「よぉっ! 天国に急いでるところで悪いがね、
ちょいと聞きたいことがあるんだ(コブラ)」

「あ、ああっ!」

「うぉっとっとっ、とーっ! ゴリッ!

どこだよキャサリンは? 
真面目に答えねぇと今度は特急券付きで
地獄へ送るぜ!(コブラ)」




-あらすじ-

コブラは惑星ダグザートで出逢った
賞金稼ぎの女、ジェーン・ロイヤルから

父親であるキャプテン・ネルソンの秘宝と
引き換えに、彼女の二人の姉妹を
探すことになり、

まずは妹のキャサリン・ロイヤルを求めて
惑星シドのマッシビレッジへ向かうが、そこに
キャサリンの姿は無かった。

情報屋のザイーよりキャサリンは
一か月前に理由が分からないまま悪名高き
シドの刑務所に連行された事実を知り、

一計を案じたジェーンはある方法で
コブラを刑務所へと潜入させた。







-感想-

私は原作は未読なんですけど、
前回から突入した“刺青の女編”に
登場する三姉妹の構成は、

アニメと原作とでは違うようなんですが、
それ以外にも物語の展開において
差異が見られるようですね。

それにしても、この姉のジェーンが
賞金稼ぎを家業としているのに、

その妹キャサリンは小学生の教師を
しているというのも、なんというか…。

この辺は、ひょっとしたら低年齢層の
視聴者を意識して、敢えて身近な存在にした
なんてこともあるんでしょうか?




そして、コブラと言えば葉巻が
トレードマークですが、今回はどうも
酸素ボンベとしても使えるようです。

それにしても、今回はやたらとコブラの
超人振りが披露されていましたけど、

あそこまで強靭な肉体を持つというのは
生体改造でもしてるんでしょうか?

それとも、地球との重力差のある
環境で鍛えられたとか?

この辺のところは未だ詳細に語られては
いないようですが、

何でもかんでも科学的考証に則った設定を
付けるよりも、敢えてぼやかして謎を残すのも
魅力的かなぁ、とも思います。





スペースアドベンチャー コブラ 1 [DVD]
Happinet(SB)(D)
2008-08-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スペースアドベンチャー コブラ 1 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『スペースコブラ』を全話語ってみる(第4話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる