これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 松田優作の『探偵物語』を全話語ってみたい!(最終回)

<<   作成日時 : 2015/03/12 19:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

第27話 ダウンタウン・ブルース



脚本:宮田雪
監督:小池要之助


グッと来たセリフ

「オイちょっと待て! オイ! 
忘れもんだよ―――オゥッ―――オイ、誰にも言わないから、
これ持って帰れ。気を付けろよ…(工藤俊作)」




-あらすじ-

ある日、スーパーで買い物をしていた工藤は
店員に会計を間違えられて腹を立てていた。

その後、行き付けの喫茶店でコーヒーのブレンドを
頼むが、その割合も間違えられる。

そんな時、“シベール”のクミと鉢合わせになる。
クミはタケシとともに故郷である松本に帰り
一緒になるという。

工藤は帰りの列車が出る駅でクミとタケシを
見送ろうとするが、発車間際、何者かによって
クミは撃たれてしまう。







-感想-

初めてこの話を観たときは

「ええーっっ!
あれって伏線だったのっ?!」


と、驚愕の展開とまさかの結末に涙したのですが、
この辺の構成の巧みさはお見事と言って
いいんじゃないでしょうか。

今回は最終回ということで、普段よりもシリアスな
雰囲気になっていたのですが、やっぱり根底に流れている
テーマは同じだったように思いますね。

そして、話が重すぎないようコメディーリリーフとしての
服部刑事(成田三樹夫)と松本刑事(山西道広)も
イイ味出していましたね。

もう名バイプレイヤーと言っていいんじゃないでしょうか。




やっぱり最後の最後まで、工藤は優しかったんだと思います。
タケシ、イイヅカ、イレズミ者の復讐を行ったと同時に、また、
“あいつ”の復讐も敢えて受け入れたんでしょうね。

復讐を行った者の報いとして――――。

『探偵物語』の全編を通して根底に流れているテーマというのは
こういう工藤の甘やかしではない本当の“優しさ”
であろうと私は思います。




この最終回は、探偵事務所内のステンドガラスに
ガムテープが貼られていないことから、実は第0話に
当る話とも受け取れるんですけど、

その場合はやはりあの結末の後、工藤は生きていた
という解釈になりますね。

あの最終回が0話なのかどうかは別として、私としては
工藤は生きているのであろうと思っています。

テレビシリーズが終了してから18年後に公開された映画
『蘇る優作 -探偵物語特別編-』
では、冒頭に竹中直人のナレーションによってこう語られます

『彼は今も生きている―――』


それは、松田優作の魂のことを
謳ったのかもしれません。

と、同時に、このクソみたいな世の中で
もがき苦しむ誰かの為に、何かを信じて今日を生きる
工藤俊作の事も指しているのだと、私は信じたいです。




松田優作DVDマガジン(13) 2015年 11/24 号 [雑誌]
講談社
2015-11-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 松田優作DVDマガジン(13) 2015年 11/24 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



探偵物語 VOL.4 [DVD]
東映ビデオ
2006-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 探偵物語 VOL.4 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
松田優作の『探偵物語』を全話語ってみたい!(最終回) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる