これって何か、よくないっスか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ウルトラマンA(エース)』を全話語ってみたい!(第52話)

<<   作成日時 : 2015/01/03 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第52話 明日のエースは君だ!



脚本:市川森一
監督:筧正典


登場超獣など

最強超獣ジャンボキング
サイモン星人


グッと来たセリフ

「彼らに真実を伝えるには
こうするしか仕方が無かった。

さようなら地球よ! さようならTACの仲間たち!
さようなら…北斗星司…」





-あらすじ-

墜落した異星人の円盤を調査していた北斗は、
無抵抗なサイモン星人を悪役に仕立てて

ウルトラマンごっこに興じる
少年たちのグループと遭遇する。

「そいつ、死刑にするの?」
と、無邪気に質問する彼らに北斗は

「ウルトラ兄弟は弱い者いじめはしない」
と諭す。

その言葉に改心した子供たちは
最強超獣ジャンボキングが攻撃をする中
サイモン星人を保護しようとする。

ジャンボキングの狙いがサイモン星人であることが
わかると、TAC内でも一時的にサイモン星人を
引き渡そうという声が上がるが、

「家や街は、また立て直すことが出来ます。
しかし、あの少年たちの気持ちは、一度踏み躙ったら
簡単には元に戻りません!」

と北斗は強硬に反対する。








-感想-

ウルトラシリーズの中でどれがいちばん好きか
と問われると、なかなか答えに窮してしまうのですが、

小学校低学年の頃はわかりやすさから
当時再放送されていた

『ウルトラマンタロウ』
が好きだったのですけど、

その後小学4年生辺りで日テレで再放送された
『ウルトラマンA』
の方がやはり印象深かったように思います。

それはやっぱり、男女合体変身や、シリーズを通しての
悪役である異次元人ヤプールの存在、

また、ウルトラの父など、ウルトラ兄弟の客演が
多かったこと等のバラエティに富んだ内容が
飽きることをさせず、

私の興味を惹き付けて止まなかったのだろうと思います。

更にその後、あの名作の誉れ高い
『ウルトラセブン』
も日テレで再放送されたんですけど、

当時は何となく暗くて単調なイメージがあって
全話見ることなく視聴をやめてしまったりします。

このことからして、私にとって
『ウルトラマンA』
はウルトラシリーズの中でもかなり高いランクに
入るのではないかと思っています。




大人になるにつれ誰であっても
好みが変わっていくものだと思うのですが
それでも“A”は好きな部類に入ります。

それは最終回の感想が、大人になると北斗の
気持ちがわかるようになって、受け取り方が変わり、
より胸を打つものになっているからなのでしょう。

この“A”の最終回が何を意味しているのかは、
かつて宝島社から発行された

『怪獣学・入門!』
の切通理作氏による

“ウルトラマンにとっての正義とは何か”に
詳しいので詳細は省きますが、

要するに“人間は神様になれない”ってことが
描かれているんだろうと思います。




この辺の理想と現実の狭間で葛藤する切り口は
最近の映画だとバットマンの、

『ダークナイト』
に近い様な気がするんですけど、

ダークナイトが日本でも評価が高いことを考えると
最近の日本の特撮ではこういう要素に
欠けてるって事なんでしょうか。

別の記事でも書いたかもしれませんが、
世界観やら設定やら科学考証はどんどん進化して
いるのかもしれませんが、

やっぱり何か大事なものがおざなりに
なっているのかもしれませんね。



↑上の画像クリックで
セブンネットショッピングのサイトに飛びます


ULTRA-ACT ウルトラマンエース
バンダイ
2012-10-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ULTRA-ACT ウルトラマンエース の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



怪獣学・入門! 映画宝島
JICC出版局

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怪獣学・入門! 映画宝島 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



・ウルトラマンAの最後の願い


「優しさを失わないでくれ。
弱いものをいたわり、互いに助け合い、

何所の国の人たちとも友達になろうとする
気持ちを失わないでくれ。

たとえその気持ちが何百回裏切られようと…。
それが私の最後の願いだ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『ウルトラマンA(エース)』を全話語ってみたい!(第52話) これって何か、よくないっスか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる